ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

カシニョール Cassigneul

こんにちは。
6月だと言うのに、昨夜は暖房を入れたいと思うくらい寒くて。友人に話したら、しっかりストーブをつけたと言っていました。週末くらいからいいお天気になるということで、期待したいです。

 8区のギャラリー街、マティニョン通りにあるギャルリーためながで、「カシニョール展」のヴェルニサージュ(オープニング・パーティ)があったので、出かけてきた。雨が結構降っていたので、人の入りはどうなのかなと思いながら行ったのだが、とても大盛況。華やかな紳士淑女の集まりという雰囲気。

 カシニョールと言えば、ほっそりとした女性の肖像画というイメージがある。日本にファンの人が多いそうで、画集もかなり出版されている。個人的には、正直言ってあまり見る機会のないジャンル。しかし、大きなギャラリーいっぱいに展示されたコレクションを見ると、独特な色彩に刺激される。それと、パリの公園や田舎、海辺の風景は、どこかノスタルジック。少し親近感を覚えた。

写真:上の写真は一番最初に描かれた作品、最後の写真はカシニョール夫妻。

Jean-Pierre Cassigneul 展 7月1日まで
Galererie Tamenaga
18 Av. Matignon 75008 tel:01-42-66-61-94




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_6373491.jpg
f0166173_63851.jpg
f0166173_6383577.jpg
f0166173_6385912.jpg
f0166173_6393891.jpg

by madamemariko | 2009-06-13 06:44 | 美術散歩
<< ギャラリー・ラファイエット G... スイートピー Pois de ... >>