ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

ミュージカル「モーツァルト・ロペラ・ロック」 Mozart L'Opera Rock ②

こんにちは。
秋はキノコが美味しい季節。マルシェで買ってきた香りの高い新鮮なキノコとニンニクだけのスパゲティを作りました。上質なオリーブオイルと新鮮なレモンとニンニク、鷹の爪。もうこれだけで十分美味しかったです。♪

 今年9月から開幕した新作ミュジーカル、「モーツァルト・ロペラ・ロック」が、連日満席の大ヒットを飛ばしている。フランスのミュージカルのヒットの正攻法はこうだ。まずお茶の間のTVで、PV(プロモーション・ビデオ)をさかんに流し、ラジオでレパートリーの音楽をガンガンに流し、キャストを出演させヒットさせるという方式。人々はいつの間にかメドレーを覚え口ずさんでいて、では、ミュージカルを観に行ってみようということになるのだ。

 神童、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトをどうミュージカル化するのだろう、それがいちばんの興味だった。パレ・デ・スポーツのコンサート会場は満席で、おしゃれなパリジェンヌやカップル、小さい子供連れの家族も来ている。いったん始まると、息をつかせない見事な展開。主役のモーツァルトにはミケランジェロ・ロコント、宿敵のアントニオ・セリエリには、フロラン・モト、モーツァルトの妻、コンスタンツェにはクレール・ペロ、妹役にマエヴァ・メリヌ。それぞれが持ち味の声を艶やかに表現している。脇役のキャストも層が厚い。

 そして、舞台は絵画のように美しい。プロデュースは、ミュージカル「十戒」や「太陽王」などを大ヒットさせたドーヴ・アチア&アルベール・コエン、演出は、エディット・ピアフの生涯を描いた映画「ラ・モーム」を手がけたオリヴィエ・ダーン、振り付けは、現在公演中のエルトン・ジョンとチム・ライスの「アイーダ」や「ザ・フーズ・トミー」などを手がけているダニエル・スチュワート、舞台美術と衣装は「太陽王」や国立オペラ・バレエなどを担当しているアラン・ラガルドなどの一流陣。舞台は生誕の地、ザルツブルグやウィーン、パリと次々と変わり、その舞台転換のスピーディなこと。そして、装飾や照明、コスチュームの凝りに凝ったこと!
 クラシックやオペラ、ロックを織り交ぜた超一流娯楽大作をぜひおすすめだ。

Palais des Sports
パリ公演〜12月27日、
フランス全国ツアー(リール、マルセイユ、ニース、ルーアンなど)来年6月まで。



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_2031771.jpg
f0166173_2042058.jpg
f0166173_20542.jpg
f0166173_21441078.jpg

by madamemariko | 2009-10-29 20:16 | 音楽
<< アンティーク・レースのお店 M... ミュージカル「モーツァルト・ロ... >>