ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

0044 paris× ブラックボヤージュ  Mes boutiques preferees ②

こんにちは。
旅が生活の日常になっています。パリに長年住んでいますが、これも長い旅のひとつのようなもの。確かに、ここに基盤を据えて暮らしているのですが、いまだに異国であることに変わりはありません。パリに住んでいると、逆に日本の各地に旅してみたくなります。いつかは、西行が辿った道を白洲正子流にあちこち歩いてみたいなーと思っています。とくに行ってみたいのは、「那智の滝」。もっとも私らしい、おそらく究極のセレクションでしょう。でも、当分は近場のロンドンやモロッコ、エジプトあたりの旅を楽しませていただきます。『ユーロスター格安チケット、パリーロンドン往復69ユーロ!』安い♪

 マレに行きつけの美容師さんのサロンがある。もう十数年は通っていると思う。そのあたりは、サロン・ド・テで有名な「マリアージュ・フレール」など人気のお店が集まるエリア。いつも歩き慣れている通りなのに、カットの帰りにふっと、「こんなブティックがあったっけ」と導かれるように入ったのが、「0044 paris」だった。
 
 「0044 paris」は以前から人気の店としてその存在を知っていたが、11区だったのでは?と思ったら、このマレ店は、そのフラッグシップとのこと。2005年からオープンしているというのに、今まで迂闊にも気がつかなったのである。店内のインテリアがアートなデザイン!ブラックの箱のような外観から中へ入ると、店内は壁から床までレッドな空間。アンティークのショーケースやプリミティヴなマンモスのスカル、シャンデリアなどが配され、デザイナーの神秘的なエスプリが全身に伝わってくる。

 プレスの菊地さんに、お話を伺う。0044 parisはアートディレクターのS. Shimamura氏が、ブティックのインテリアデザインから服のコレクションまですべてをディレクション。90年代に、世界各国を旅して落ち着いた先がパリだったという。かつては考古学者になりたかったそうで、「時間の経過と生物の歴史は、神秘的で果てしない想像の世界へ誘う」というクリエイティヴ性から、このブランドを具現化。ロマンティックな哲学が、オリジナルの洋服や収集して販売しているアンティーク・ジュエリーひとつひとつに宿る。

 そして、この2009年秋に、日本で同じくS. Shimamura氏がディレクションを行っているコンセプトショップ n °44から、「トラベル」をテーマにした「Black Voyage (ブラック・ボヤージュ)」がデビューしたそう。ブラック好き、旅好きな私としては、まさに探し求めていたコンセプト!ネイミングもいい。このニューラインが、パリの0044 のブティックでも販売。まだ3パターンのラメ入りのルームシューズ、ポーチ入りしか商品展開していないが、今後はトラベルバッグやアイマスク、ルームウエアなども展開予定とのこと。私もそのラインナップにおおいに期待している。

 メディアに露出しないベールに包まれたS. Shimamura氏に、ぜひ旅のことや独自の美意識について、いつかお話を伺ってみたい。

Boutique 0044 paris Marais店
16 rue du Bourg-Tibourg 75004 Paris tel:01-42-76-00-44




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_474526.jpg
f0166173_481048.jpg
f0166173_48436.jpg
f0166173_491146.jpg
f0166173_493813.jpg

by madamemariko | 2009-11-19 22:00 | お気に入りの店
<< エジプト ナイル・クルーズ C... ジミー・チュウ×H&M Jim... >>