ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

「スーラージュ」展 Soulages

こんにちは。
シャンゼリゼ大通りに、昨年同様エコ仕様のクリスマスのイルミネーションが点灯。まるで、星屑のような煌めき。メトロのシャンゼリゼ・クレマンソーからロン・ポワンの間の両サイドには、クリスマス・マーケットや小さな移動遊園地もオープンし、メルヘンな世界。また、クリスマスのシーズンがやって来ました。一年早すぎ!

 パリでも人気の大展覧会に入るには、行列しなくてはいけないので、私は人ごみを避けて、もっぱら夕方から夜にかけて出かけている。楽しみにしていたポンピドゥー・センターで開催中の「スーラージュ」展も夕方に出かけた。夜の美術散歩は、昼間とは違う大人の香りがする。夕暮れ迫る広場からポンピドゥー・センターに入り、チューブ状のエスカレーターで最上階へ。視界が広がり、パリの夕景が一望に見渡せる。

 ピエール・スーラージュの作品は、チュイルリー公園内で以前に行われたアートフェアでも見ていて、私にとっては「黒と光」が気になる存在。ポンピドゥーでは、すでに1979年に大展覧会が開催されたことがあり、つまり、今回はそれから30年経過の展覧会ということになる。スーラージュの絵画はボリューム感の感じられる黒が主体で、ナイフなどでつけられた溝や縞の帯が、独特の光の陰翳を生む。「黒という素材によって反射する光を生み、絵画を構成するのは光だ」ということを一貫して表現した膨大な作品は、圧倒的な迫力を持つ。さすが、ポンピドゥーの展示の配置もセンスがいい。くどくどした解説は不要で、そこにはアーティストの鋭い美意識が充満していた。

*残念ながら、館内の撮影は禁止だったので、雰囲気だけ味わってください!

Centre Pompidou
Soulages
2010年3月8日まで
入場料:12ユーロ




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_653584.jpg
f0166173_663682.jpg
f0166173_67354.jpg
f0166173_693646.jpg
f0166173_83382.jpg

by madamemariko | 2009-11-29 06:13 | 美術散歩
<< パリの短期滞在アパルトマン P... エジプト ナイル・クルーズ C... >>