ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

パリ発ジュエリーブランド La Lueur de l'Aube

こんにちは。
クリスマスが終わり、街は少し静かになったような気がします。私の住むアパルトマンの入り口には、ブルーとホワイトでデコレーションされたもみの木が飾られ、中庭には赤とグリーンとブルーのライトが交互に点滅するイルミネーションが設置され、なかなかロマンティック。私もサロンにもみの木を飾り、ブダペストやチュニジアに行ってきたばかりの旅仲間が集まってクリスマス・パーティをしました♪

 先日友人の紹介で、ジュエリーデザイナーのMakikoさんという方が、私の家に作品を持って訪れた。武蔵野美術大学の空間演出学科を卒業後、アクセサリーの製作会社に入社。その後パリで彫金技術を学ぶため留学。一流メゾンのジュエリー部門で研修し、昨年「La Lueur de l'Aube」という名でブランドデビューしたという。

 見せていただいた作品は、細長い木箱に入っていて、箱もすべて手作りだそう。中を開くと色の綺麗な自然石を使ったジュエリーが箱にちりばめられていて、思わず目が釘付けに。澁澤龍彦著の「胡桃の中の世界」で記述がある、プリニウスの「博物誌」の著書が語る「宝石こそは自然の美しさの要約だ」という言葉を思い出した。

 ローズクォーツやクリソプレーズ(緑玉髄)、ホワイトトパーズなどをあしらった詩的なデザインのジュエリーが、箱のなかで控えめに輝いている。ブランド名は日本語に訳すと「夜明けの仄かな光」。風に揺れる草花や美しさを秘めた原石、静かにリズムを奏でる水滴など、自然からインスピレーションを得たものがデザインになっているそう。製品はすでにパリのブティックや日本のユナイテッド・アローズなどで販売中。私もさっそく透明感のあるローズクォーツのリングをオーダー。サイトも素敵なのでぜひ!

La Lueur de l'Aube
www.la-lueur.com

写真:作品と可憐な雰囲気のデザイナーMakiko Akiyamaさん




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_2223167.jpg
f0166173_223882.jpg
f0166173_2235167.jpg
f0166173_2243942.jpg
f0166173_6415895.jpg

by madamemariko | 2009-12-28 02:27 | オシャレなモノ/スグレモノ
<< マグリット新解説②  Magr... アルザスの美しい村のクリスマス... >>