ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

ヘレンド・コレクション Herend Collection

こんにちは。
パリは新年からずっと鈍色の空の寒い日が続いています。今日は外出したら、外の気温はマイナス4度!ファーの襟付きのコートにムートンのブーツ、そして、インナーはユニクロのヒートテック(笑、でも必須)、ニット帽に革のロング手袋。にもかかわらず、クラクラするくらい寒いのです。夜は温かいヴァン・ショー(ホットワイン)にしようかと思いましたが、書き物の仕事もあるので、おとなしくしょうが湯にしておきました♪

 昨年、我が家で開いたクリスマスパーティのときに、ハンガリーのブダペストに温泉旅行に出かけていた旅仲間の友人が、ヘレンドの高価なティーカップをプレゼントしてくれた。11月に遡る私のバースデープレゼントとのこと。思いがけないプレゼントにびっくり。嬉しい!

 実は私はヘレンド好き。数はたくさんは所有していないけれど、いくつかのお気に入りがある。10年以上前に取材でブダペストに行ったときに、わざわざ郊外の蚤の市まで行ってティーカップ6客を購入したのをきっかけに、パリでセールがあると、ひとつ、ふたつと数を増やしている。ヘレンドの製品はみなハンドメイド。手に入れたものは、手描きの繊細さや手ひねりの造形の美しさに惚れ惚れしてしまう。小さなボンボン入れや器は、裏をひっくり返しても見事な匠の技がこっそり隠されている。

 いただいたのは、「アポニー・ヒストリック・グリーン」シリーズのティーカップ。かつて、ヴィクトリア女王がウィンザー城のために、ヘレンドにオーダーしたデザインの系統だ。そう言えば、パリジェンヌが大好きなブランド「ポール&ジョー」のデザイナー、ソフィーの自宅を取材したときに、彼女もヘレンドが大好きと言っていた。いろいろなコレクターのソフィーは、さすがに個性的なヘレンドの黒のシリーズを収集していた。ひさしぶりに、またブダペストに行きたくなった。

写真:ヘレンド、下2カットはソフィーと黒のヘレンド・コレクションの記事
 



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_915371.jpg
f0166173_922559.jpg
f0166173_92535.jpg
f0166173_932594.jpg
f0166173_935545.jpg
f0166173_94237.jpg

by madamemariko | 2010-01-07 09:09 | オシャレなモノ/スグレモノ
<< ツィッターTwitter マグリット新解説②  Magr... >>