ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

「紙に描いた名品展」@ギャルリーためながパリ 

こんにちは。
すっかり秋の気配が感じられる季節になりました。そろそろキノコご飯でも作りたくなってきます。日本の暑い夏を経験して帰ってきたばかりなのに、やっぱり夏が名残惜しくなってしまいます♪

**********************************

 シャンゼリゼのロン・ポワン・デ・シャンゼリゼから伸びるマティニョン通りは、高級アートギャラリー街。その中心にある日本の老舗画廊、ギャルリーためながで、「紙に描いた名品展」と名打った展覧会が開催されているので、おじゃましてきた。ギャルリーためながは、パリで最大規模を誇る大きな画廊で、いつも近代の巨匠の油彩の作品や現代の売れっ子画家の作品を扱っている。今回の展覧会はいつもと少し趣向が変わり、紙を使用した水彩画やデッサンなどが中心。ぱっとみた印象はいつもの王道の華やかさには欠けるが、それだけに「紙」にこだわった質の高い作品の展示が興味深い。

 
f0166173_856467.jpg
f0166173_8573761.jpg
f0166173_93594.jpg
f0166173_953817.jpg
f0166173_910505.jpg

 ルドンやルオー、シャガール、ピカソ、レジェ、カンディンスキー、マチス、ビュッフェ、ジャコメッティなど扱うアーティストは一級揃い。しかし、ひとつひとつがふだんあまり目にしないタイプの作品がちりばめられている。私のお気に入りのルオーやシャガールも、ある意味あっさりしたタッチが妙に新鮮に感じられる。そのなかには、アンドレ・ブルトンが「もっとも純粋なシュルレアリスト」と称したというタンギーの作品などもあり、彼らの瑞々しい感性が生に伝わってくる。また、印象派の画家と同世代でありながら、幻想の世界を表現しつづけたルドンの作品も目を引いた。芸術の秋にふさわしい展覧会に出会えた。
f0166173_21254025.jpg
f0166173_21272731.jpg

「OEUVRES SUR PAPIER」
Galerie Tamenaga
18 Av.Matignon 75008 Paris
10月6日まで



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

by madamemariko | 2010-09-28 09:12 | 美術散歩
<< チュニジアの旅① 村上隆展@ヴェルサイユ宮殿 >>