ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

フロリスト Rosebud

こんにちは。
1月もまたたく間に過ぎ、今日はもう30日。太陽の光は幾分強くなったようですが、それでも気温はマイナス3度と低いです。窓辺に飾っている観葉植物が芽吹いて、若草色の葉っぱが開きかけてくるのを眺めていると、自分がプルーストの「失われた時を求めて」のスワン夫人になったような気がしてきます。息がつまるような閉ざされた真冬から花咲く春へ。いまは、こんな小さな季節の変化をひっそり楽しむことにします ♪

****************************************
 パリの左岸、オデオン座の目と鼻の先に、昨年新しいお花屋さん「Rosebud]がオープン。近くのオデオンにあった「クリスチャン・トルチュ」で働いていたヴァンサンとシリルが独立して開いた店で、女性のローランスが加わり事務的なことを担当し、3人で仲良く仕事をしている。

 小さな店内に入ると、「田園のブーケ」を意識した野原に咲いているような清楚な花々がみずみずしい香りを放っている。アマリリスや水仙、ミモザ、スミレなどどれも厳選した色や花びらというのはすぐ見て取れる。その空間に立っているだけで、自分の五感がどんどん目覚めて行く感覚がわかるのが心地いい。

 そして、訪問客に接する彼ら3人の応対も優しく、店全体から伝わる温度があったかい。憂鬱な冬景色のなか、このお店だけ先に春が訪れたような輝きに満ちていた。

Rosebud
4 Place de l’odeon 75006 Paris
tel:01-43-29-66-47



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_57476.jpg

by madamemariko | 2011-01-31 04:40 |
<< 「SUGIMOTO」@Gago... マグリット新解説⑤  Magr... >>