ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

「ルドン展」@グラン・パレ

こんにちは。
今週27日から、パリの「ギャルリーためなが」で、日本人写真家10名によるチャリティの写真展が開催されます。詳細はこちらから→
http://www.tamenaga-exhibition.com/2011_gtf_caritative/fr/index.html
私が仕事でご一緒する、パリで活躍する写真家の方々も多数参加。みんなの気持ちが、いろいろな形で日本の被災者の方々に届くといいなと思っています。

*************************************

 先日、用事でギャルリーためながにおじゃましたときに、フランスの画家、オディロン・ルドンの絵を2点見せていただいた。溜め息が出るほど素晴らしい作品。奥行きのあるパステルな色調がなんとも言えず、ちょっと忘れがたいものだった。そこで、さっそくグラン・パレで開催中の「ルドン展」に出かけてきた。
 美術鑑賞は、見学者の足が少し途絶える夕方に行くに限る。ルドンは1840年にボルドーで生まれ、印象派の画家たちと同世代だが、ルドンは幻想の世界を描き、独自の道を歩んでいたという。今回の展覧会では、170点の油彩、水彩、パステルのほかに、木炭画やリトグラフなどもかなりの見応えがあり、ルドンの才能をあらためて認識できる充実した内容。エドガー・アラン・ポーやフローベールなどの作品から影響を受けたものや50歳を過ぎてから描いたパステル画など、どれもそれぞれに独創性が感じられる。陽光が燦々と降りそそぐ初夏の展覧会にふさわしい内容だった。

f0166173_945235.jpg

f0166173_93047.jpg

f0166173_859230.jpg



Grand Palais, Galerie Nationales「Odilon Redon Prince du Reve」
3/23〜6/20



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
by madamemariko | 2011-04-27 09:14 | 美術散歩
<< ジョルジュ・ルオー展「ユビュお... 「ヴードゥーVaudou展」@... >>