ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

「ミッシェル・トロワグロ夫妻」

こんにちは。
すっかりブログをご無沙汰してしまいました。6、7月は、ノルマンディーのいくつかの町やリヨン方面、モン・サン・ミッシェルなどに行き、フランスを横断していました。今後、これらは連載などの形でご紹介していきますので、またご案内させていただきます♪

***********************************

 6月に、リヨンから北上したイゲランドという小さな村に、ミッシェル・トロワグロが経営するオーベルジュ、「ラ・コリーヌ・デュ・コロンビエ」を取材で訪れた。事前にホームページを見てみると、これが凄い!大自然のまっただなかに、超モダンな建物のオーベルジュがあり、そのコントラストが強烈で、実際はどんなところなのだろうかと楽しみに出かけた。

 ミッシェル・トロワグロと言えば、フランス料理界の重鎮の3ツ星大物シェフ。日本での知名度も高い。まず、そのご本人と実質オーベルジュを経営しているマリー・ピエール夫人のふたりに会えるということで、期待が膨らんだ。現れたトロワグロ氏は大物ぶるわけでもなく、とても気さくで、取材撮影するための段取りをさっさと組んでくれる。夫人は、ちょっとソフィア・ローレンを彷彿とさせる魅力的な女性。ある意味ふたりとも個性が強そうだが、決して相手の領域にまでは踏み込まず、バランスが取れている。きっとお互いを尊重し、信頼しあっているのだろう。そんなふたりの様子が、微笑ましく感じられた。

 当のオーベルジュは、とくに、「ル・カドル」とネーミングされた建物がかっこいい。私がホームページで凄い!と思った建物だ。コンテンポラリー・アートのような建物は、夫妻が既成概念なく、自由にのびやかに、好きなように建てた建物と見受けた。オーベルジュは、ロアンヌにある本家のレストラン、トロワグロから車で20分くらいの距離にある。でも、トロワグロ氏は言う。「ここに来ると、まるでバカンスに来たような気分になるんですよ」。一流の名店を支えるシェフには、ある意味、それを維持しなくてはならないというプレッシャーも多分にあるだろう。そういった意味でも、ここは夫妻にとっても現実から逃避できる、一種の隠れ家なのかもしれない。

 取材を終えて素敵なオーベルジュに泊まり、バカンス気分も味わった後、翌日は本家のレストランでランチをいただいた。しかも、キッチン内にあるVIP席で。シェフたちが真剣な面持ちできびきび働く傍らで、シェフ自らが笑顔とともに運んでくれる極上の料理を味わう。こんな贅沢で美味な食事があっていいのだろうか。サービス満点のシェフのおもてなしに感激し、その余韻を味わいながら帰路に着いた。詳しくは、エール・フランス機内誌「ボン・ヴォヤージュ」最新号をご覧ください!
f0166173_1401011.jpg






人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
by madamemariko | 2011-08-17 01:45 |
<< 「ヴァンドーム広場のハイジュエリー」 ジョルジュ・ルオー展「ユビュお... >>