ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

「ラ・バスティード・ド・ムスティエ」

こんにちは。
新刊「パリから一泊、フランスの美しい村」は、もともとアシェット婦人画報社時代の「マリ・クレール・ジャポン」で連載していただいたものをベースにした内容です。
連載が始まる時、連載を撮ってもらう写真家に、いずれは本にしたいと持ちかけ、本のデザインも写真家からアイデアをもらい、写真は念入りに丁寧に撮り下ろしていただきました。
本では、「フランスの最も美しい村」に認定されている156の村から21の村を厳選して紹介しています。

集英社の学芸部にこの本の企画を持って行った時に、編集担当の上司はフランス通で、すでに美しい村にいくつか行ったことがあるとのこと。「この企画いいじゃないですか!」とこちらが半信半疑なほど好意的な反応。そして、いくつもの大小の会議を経て、この企画が通ったのですが、フランスには何度も行ったことはあるけれど、美しい村に行ったことはないという編集担当者が、制作の前に美しい村を目にしておきたいとのこと。そこで、どこに行けばいいかということで、おすすめしたのが、南仏のムスティエ・サント・マリーという村。ステイはその村にあるアラン・デュカスのオーベルジュ、「ラ・バスティード・ド・ムスティエ」。
ここは何度訪れても素敵な場所で、村もオーベルジュも最高!

大変感激してくださった編集者とプライベートで行った時の画像をいくつかご紹介します。
実は本には出ていないレアな画像もいろいろあります。
詳しい内容はぜひ本でご覧になってください!

f0166173_05367.jpg




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。f0166173_055715.jpgf0166173_07395.jpgf0166173_072794.jpgf0166173_08239.jpgf0166173_085169.jpgf0166173_0185841.jpgf0166173_0192236.jpg
f0166173_023584.jpg
by madamemariko | 2015-08-16 00:28 |
<< 「パリの美雑貨Ligne Cl... 「新刊紹介」   >>