ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

カテゴリ:アート( 8 )

「カルティエ、スタイルと歴史」@グラン・パレ

皆様、ご挨拶が大変遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。日本は今年は大雪で深刻な事態ですね。パリは暖冬と言われていますが、このまま春に突入するとは思いづらく、どうなるやら。。とりあえず、今日は真っ青な空が広がる快晴です♪

**************

 今年のパリでの初仕事は、カルティエのハイジュエリーやカルティエ・トラディションの撮影から始まった。ちょうどグラン・パレで「カルティエ、スタイルと歴史」展が開催の最中で、これはグラン・パレが企画した大掛かりな展覧会ということで、私も楽しみに鑑賞しに出かけた。

 展覧会場は広く、仄暗く照明を落としたなかで、ジュエリーのイメージがグラン・パレの天井や壁いっぱいに美しく映し出され、展覧演出もなかなかお洒落だ。展示作品は多義に及び、カルティエコレクションのほかに、所蔵している各美術館やプライベートコレクションから貸与されたものが多数展示され、見ごたえのある内容。

 マハラジャやウィンザー公爵夫人、モナコ・グレース元王妃などのコレクションもあり、それはそれは煌くばかりの圧巻のジュエリーが勢揃い。貴重なミステリークロックのコレクションもたっぷり鑑賞でき、カルティエの歴史の厚みに触れてきた。

f0166173_1885191.jpg


*展覧会は2月16日で終了しました。





人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
by madamemariko | 2014-02-21 18:13 | アート

「PARIS PHOTO」展

皆様、こんにちは!パリはかなり寒くなり、シャンゼリゼにはイルミネーションが取り付けられ、クリスマス・マーケットのスタンドも設置されました。もうクリスマスのシーズンです♪

*********

 週末は、グラン・パレで開催中の「PARIS PHOTO」へ出かけた。会期が13日から17日までと短期間なので、見逃さないようにと注意して出かけた。今年はパリ、ロンドン、NY、ベルリーン、ウィーン、スイス、北欧、日本など各国から126のギャラリーが出展。1回では見て回れないほどのボリュームがあり、ざっと見て見回った。

 いいなと思うものは、遠くからでも引き寄せられるようにして、その写真の前に辿りつく。ふと気がつくと、ロバート・キャパの戦場写真だったり、ダイアン・アーバスのポートレートだったり、ル・コルビュジエのポートレートだったり。可笑しかったのは、小さな写真なのに、通り過ぎる人がみな一様に写メしていた日本の写真家、鈴木清の着物姿の4人の女性の写真。鈴木清は土門拳の写真を見て、写真家を志したという。こんな面白い出会いもあり、充実した気分で会場を出た。

上から
会場全景、ロバート・キャパ、アンドレアス・グルスキー、アヴェドン、ウィリー・リッツォ(ル・コルビュジエ)、ダイアン・アーバス、ヘルムート・ニュートン、鈴木清の写真。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_8343839.jpg
f0166173_8364484.jpg
f0166173_8385096.jpg
f0166173_840488.jpg
f0166173_841378.jpg
f0166173_8425099.jpg
f0166173_844313.jpg
f0166173_8451327.jpg

by madamemariko | 2013-11-18 08:45 | アート

「セルジュ・ルタンス Berlin à Paris

f0166173_18445451.jpg
みなさま、寒中お見舞い申し上げます。
今年は年始から飛ばしっぱなしで、初詣は伊勢神宮、仕事始めは京都と、なかなかアクティヴな動きをしています。そして、パリに戻って参りました。
今年もいろいろな取材をする予定ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます♪

**************

 最近は「美」をテーマにした取材が多いが、昨年11月末に鑑賞してきた「セルジュ・ルタンス Berlin à Paris」は、まさに美の展覧会だった。これは、ルタンス氏が上梓した3冊めの書籍の記念展で、セルジュ・ルタンスの今までの作品約30点が展示。70年代後半から80年代の作品で、その色彩や構成、アイデアが斬新で美しい。そのときの展覧内容をどうぞご覧ください。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_18451341.jpg
f0166173_18453165.jpg
f0166173_18454746.jpg
f0166173_1846638.jpg
f0166173_18462649.jpg
f0166173_18464256.jpg
f0166173_18465723.jpg

by madamemariko | 2013-02-06 18:49 | アート

マグリット新解説⑤  Magritte ⑤

あけましておめでとうございます。
今年もパリで静かな新年を迎えています。年末は雪が降り氷点下のことも多かったので、今日のように気温が2度でも、あっ少し暖かくなったと思ってしまう慣れもすごいものです。
今年も健康で刺激的な素敵な一年になりますように♪

******************************************

 今年もベルギーの王立マグリット美術館の公認専属ガイドの森耕治氏による、ベルギーの国民的画家、ルネ・マグリットの作品の新解説をご紹介。日本では今年2月9日から5月9日まで、東京の国立新美術館で、 「シュルレアリスム展」ーパリーポンピドゥーセンター所蔵作品ーが開催。これにはマグリットの作品も展示されるので、きっとこれらの解説が深い意味をなすだろう。森さんは最近ベルギーのデルヴォー美術館の初の日本人解説者に任命されたそう。ベルギーに行く機会があったら、ぜひ森さんじきじきのマグリット&デルヴォーのユニークな解説をお楽しみください!

 解説5回目は、青空のもと荒れ狂った海の上を、巨大な隕石のような城がぽっかり浮かぶおなじみの作品の解説だ。

「ピレネーの城」 1959年 
まずこの絵のタイトルですが、18世紀から19世紀にかけて活躍したイギリスの女流作家アン・ラドクリフの小説のタイトル「ピレネーの城」から借用したことを、マグリットはこの絵を注文したハリー・トルクジナーへの手紙のなかで認めています。ハリー・トルクジナーはアントワープ出身の弁護士で、ニューヨークに弁護士事務所をもっていました。そのハリーが1959年2月4日にマグリットに手紙を書きました。私のオフィスには高さ199センチの窓があってそこから隣の見苦しいビルが見えてしまう。この窓をあなたの絵でふさいでしまいたい。早速マグリットは三つの案をハリーに出しました。その中の一つの案が、夜の景色の中で、石の上に建てられた古い石つくりのお城というものでした。これをハリーがニューヨークから「その石の上の城とやらを、北海の海の上で宙に浮かしてください」と逆提案し、マグリットはいいけれど、その海は暗い荒れた海で、反対に空は「光の帝国」で描いた明るい空を使いたいと返事しました。こうして両者が合意に達して、完成した作品は同年5月11日にマグリットの家からニューヨークに向けて送られました。この絵に使われている大きな岩は。5年前の1954年に「見えない世界」という作品で描かれた岩にそっくりで、そのイメージをそっくり再使用したことは明白です。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
by madamemariko | 2011-01-04 22:12 | アート

エールフランス機内誌「ボン ヴォヤージュ」

こんにちは。
フランスのアルザスとリール、ベルギーのアントワープ、パリでの取材ロケを終え、打ち上げはパリの1ツ星日本レストラン「あい田」で、オマール海老の豪華なコースを頂いてきました。素敵なあい田シェフの手の込んだお料理、おいしかったです♪

 先日、フランス近代絵画の巨匠、ジョルジュ・ルオーの取材をした。ルオーのお孫さんのひとり、ジャン・イヴ・ルオー氏らが管理するルオー財団の協力を得て、取材を進行。ルオーは、ボザール(国立美術学校)で絵を学んだが、同じクラスにはあのマティスもいた!そして、そのクラスの担任教授は、ギュスターヴ・モローだった…。

 この続きは、エールフランスの機内誌「ボン ヴォヤージュ」4〜6月号の巻頭特集「魂の画家、ジョルジュ・ルオー」で記事を執筆。ルオーの素晴らしい作品もたくさん掲載されているので、機会があったらぜひご覧ください!





人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_7471042.jpg
f0166173_748423.jpg

by madamemariko | 2010-04-03 07:54 | アート

「北野武/ビートたけし展@カルティエ現代美術財団」

こんにちは。
昨日も寒かったです。空は晴れているのに、空気が冷たくて。パリコレで、私が好きなブランドのひとつ、ポール&ジョーのショーを見に行ってきました。相変わらず、デザイナーのソフィーは感じが良くて、チャーミング!今回の作品もソフィーらしさが出ていました♪

 ラスパイユにあるカルティエ現代美術財団に、「北野武/ビートたけし展 Gosse de peintre
絵描き小僧」の展覧会(内覧会)に出かけてきた。パリでは、映画監督として北野武の人気は高い。が、おそらくお笑いのビートたけしという側面を知らない人が多いのではないだろうか。たけしのファンという人にお話を聞くと、パリではボボ族に、北野武のファンが多いそう。ボボ族とは、ブルジョワ・ボヘミアンーつまりブルジョワなんだけれど、精神はアヴァン・ギャルドで、ボヘミアンなノリの人たちのこと。上質なものが好きだけれど、それをそのまま使いこなすのではなく、わざとはずして使う、着るといったクラスの人たちが、北野武を好きなのだそう。そして、日本オタクの若いパリっ子にも人気があるのは知っている。

 今回はその映画監督としてではなく、北野武/ビートたけしのすべての世界を、カルティエ財団全階で紹介する試みとのこと。1階は、たけしの子供時代に馴染んで来た世界、そして、地下では、映画「HANABI」のときに描いた作品や今回の展覧会用に描かれた油絵などが展示。ちょっとサヴィニャック風なタッチのものや、確かにペンキ屋の息子さんだったんですねといったタッチなものなどがカラフルに展示されている。これらすべてが、フランス人の目にどのように映るのか、ぜひ知りたいものだ。

「北野武/ビートたけし展」
Fondation Cartier pour l’Art Contemporain
3月11日〜9月12日まで




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_1174421.jpg
f0166173_1181634.jpg
f0166173_118411.jpg
f0166173_1191394.jpg
f0166173_1195331.jpg
f0166173_11171556.jpg
f0166173_11175123.jpg
f0166173_11181987.jpg

by madamemariko | 2010-03-11 11:20 | アート

フェルメールの思い出

こんにちは。
東京に帰省しているパリ在住の友人からメールが届きました。東京では梅が咲き始めたとか。なんだか風流でいいですね。パリもほんの少し暖かくなったような気がします♪

 旅と言えば、一昨年にオランダに出かけた「フェルメールの作品を見に出かける旅」は、印象的だった。フェルメールだけに集中して行くので、旅もごくシンプル。アムステルダムの運河沿いを散歩し、ちょっと雰囲気のあるお店で軽食を取る。そして、アムステルダム国立美術館へ。外壁に
「牛乳を注ぐ女」の大ポスターが掲げられている。残念ながら館内は撮影禁止だったが、「青衣の女」や「小路」などを鑑賞する。そして、「牛乳を注ぐ女」も実物のほうがずっと素敵だ。

 翌日は列車に50分ほど揺られて、いちばんの目的のハーグのマウリッツハイス美術館へ。はやる心を落ち着かせながら、意外に小さな部屋に飾られた「真珠の耳飾りの少女」と「デルフト眺望」をじっくり見る。長い間、そこに立ちすくんでいた。なんとも形容しがたい、美しいフェルメール・ブルー…。心のなかに一条の光が感じられるような深遠な光と色に、目眩を覚えた。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_23523065.jpg
f0166173_2353757.jpg
f0166173_23533889.jpg
f0166173_23543348.jpg
f0166173_23551135.jpg

by madamemariko | 2010-02-20 23:57 | アート

Lapins vs Cracking Art Group ウサギ vs クラッキング・アート・グループ

こんにちは。
5月はパリも祝日が多く、パリジャンもバカンスに出かける人が多く、街はいつもより人や車が少ないような気がします。

 仕事の帰りに、デパートのプランタンに立ち寄ったら、巨大なカラフルなうさぎが!!これはクラッキング・アート・グループのインスタレーション。ショーウィンドーやモード館の売り場など至る所に、200体の可愛いうさぎが設置されていて、買い物客が記念撮影をしていた。

 このグループは6人のアーティストで構成されているそうで、すでにベニスやブリュッセル、プラハでインスタレーションが行われたそう。プランタンでは、5/6〜6/20まで設置。ぜひ、覗いてみたい。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_8295855.jpg
f0166173_8304841.jpg
f0166173_83114100.jpg

by madamemariko | 2009-05-10 08:32 | アート