ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

カテゴリ:花( 7 )

「パリで花仕事、斎藤由美さん」

みなさま、お元気でしょうか?

ようやくブログをアップしました。新緑の季節は、パリも日本もどこも美しいですね~。

みずみずしい花々が街中に咲き乱れているのを眺めているだけで、心が潤ってくるようです。


 「パリで花仕事」をされているフラワーアーティストの斎藤由美さんとのおつきあいは、かれこれ17年になる。そんなにしょっちゅうお会いするわけではないけれど、仕事のご縁があり、時々お目にかかる。そんな時、由美さんはいつも美しい笑顔を絶やさない素敵な女性だ。


斎藤由美さんは、現在「
Yumi SAITO PARIS」を主宰し、パリでフラワーブーケレッスンを開き、活躍されているしばらく前に、パリの左岸、オデオンにショップを構える今をときめくトップフローリストの「ローズバッド」を取材した時に、由美さんが取材窓口になってくださり、それがきっかけで、由美さんのキャリアを伺うことにした。


由美さんは渡仏して、今年で
18年目になるという。つまり、私との出会いは、由美さんがパリに見えて、比較的すぐということになる。日本の長野で7、8年、フラワーアレンジメントの教室を開き、そのころパリでは著名なフラワーデザイナーのクリスチャン・トルチュが全盛の時期で、由美さんはそのアレンジをどうしても学びたいと渡仏。しかし、研修をさせてもらえるという保証も何もないままパリに来て、毎日のようにクリスチャン・トルチュのお店を訪ね、研修させて欲しいと懇願。約半年かけて、驚くような運も味方して、トルチュでの研修が叶うようになったそうだ。


 「最初は手探りの状態で、毎日のようにショップに通い、研修させて欲しいとアピール。ある時、花を通してクリスチャン・トルチュの友人という方(フランス人)と出会い、その方の口添えで、研修できることになったのです。まるで運命の出会いのようでした」と、由美さんは当時のことを振り返る。これにはもっと、へえ~という内容があるのだが、それは由美さんのご著書でひもといていただきたい。


 クリスチャン・トルチュは、当時私も何度か取材したことがある。その時、必ず窓口に立っていたのが由美さんだった。由美さんがようやく研修にこぎつけて、ショップに立っていたとは私はつゆ知らず、落ち着いた対応をしていた由美さんのことが、今でも記憶の片隅に鮮明に残されている。


由美さんは、「クリスチャン・トルチュは、フラワーアレンジメントの世界に革命を起こした人です。美しい花に、今まで誰も見向きもしなかった雑草や蔓、苔などを合わせてアレンジ。私は自然の一部を切り取り、庭を凝縮したような花の世界、アレンジを学んだのです」

トルチュのもとで当時一緒に学んだのが、先に紹介したローズバッドのヴァンソンだったという。ヴァンソンは当時、企業やショップなどの注文花装飾の責任者で、由美さんとはその時からの長い仕事仲間だそう。ヴァンソンはやがて独立して、
2010年に現在のショップをオープン。由美さんも独立して、名門ホテルのリッツで、コンペに勝ち抜き花装飾の仕事に就いた。やがてリッツが改装でクローズ後、ヴァンソンのローズバッドで、由美さんのブーケレッスンを開いている。コースは、ブーケ・ド・マリエ、シャンペトル、コンポジションの3つあり、初心者からプロの方までのレッスンを受け付けている。


 「組み合わせはシンプルで、たくさんの花を混ぜないのが私流。2、3種類の花に、
野草などのグリーンを合わせ、高低をつけて立体感を出し、どこから見ても美しいアレンジを作っています」。由美さんのブーケは可憐で、毅然とした美しさが宿る。それは由美さんの生きざまが投影されているかのようで、その花の佇まいに惚れ惚れする。


斎藤由美さんのことやレッスンのお問い合わせ先

http://ameblo.jp/yumisaitoparis/


※画像はローズバッドのショップと花アレンジ。普通の花屋さんと異なり、すべて花アレジして飾られている。由美さんとヴァンソンのアレンジは違うが、ベースとなるコンセプトは同じものを目指している。ローズバッドとヴァンソンのことは、「日経プライヴ」春号で、拙者のエッセイとしてご紹介中。





f0166173_01061032.jpg


f0166173_01060285.jpg

f0166173_01055147.jpg

f0166173_01054051.jpg

f0166173_01041962.jpg

f0166173_01034641.jpg


by madamemariko | 2017-04-25 01:24 |

スズランの日

みなさま、ご無沙汰しております。

今日5月1日は、スズランの日。
皆様に幸運がいっぱい訪れますように!!

私は、ただいま自分にとっての大プロジェクトを進めておりますが、
なかなか時間のかかる作業です。
f0166173_17352134.jpg

近々ご案内させていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
by madamemariko | 2014-05-01 17:36 |

ミュゲの日

こんにちは。
5月1日はメーデーで、祝日。そして、ミュゲ(すずらん)の日だ。
すずらんの花は幸運を呼ぶということで、フランスでは恋人に送ったり、親しい人にプレゼントしたりしている。そこで、私も例年のように、いそいそとすずらんの花を求めて外へ。
今日は爽やかなお天気で、気持ちのいいこと!
街のあちこちで、すずらん売りがすずらんを売っている。
私は鉢植えのものを求めて帰宅。
世界中みんなの幸せを祈ります!
f0166173_048716.jpg

by madamemariko | 2012-05-02 00:50 |

フロリスト Rosebud

こんにちは。
1月もまたたく間に過ぎ、今日はもう30日。太陽の光は幾分強くなったようですが、それでも気温はマイナス3度と低いです。窓辺に飾っている観葉植物が芽吹いて、若草色の葉っぱが開きかけてくるのを眺めていると、自分がプルーストの「失われた時を求めて」のスワン夫人になったような気がしてきます。息がつまるような閉ざされた真冬から花咲く春へ。いまは、こんな小さな季節の変化をひっそり楽しむことにします ♪

****************************************
 パリの左岸、オデオン座の目と鼻の先に、昨年新しいお花屋さん「Rosebud]がオープン。近くのオデオンにあった「クリスチャン・トルチュ」で働いていたヴァンサンとシリルが独立して開いた店で、女性のローランスが加わり事務的なことを担当し、3人で仲良く仕事をしている。

 小さな店内に入ると、「田園のブーケ」を意識した野原に咲いているような清楚な花々がみずみずしい香りを放っている。アマリリスや水仙、ミモザ、スミレなどどれも厳選した色や花びらというのはすぐ見て取れる。その空間に立っているだけで、自分の五感がどんどん目覚めて行く感覚がわかるのが心地いい。

 そして、訪問客に接する彼ら3人の応対も優しく、店全体から伝わる温度があったかい。憂鬱な冬景色のなか、このお店だけ先に春が訪れたような輝きに満ちていた。

Rosebud
4 Place de l’odeon 75006 Paris
tel:01-43-29-66-47



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_57476.jpg

by madamemariko | 2011-01-31 04:40 |

「假屋崎省吾の世界」@パリプティ・パレ

こんにちは。
パリは雪が降るロマンティックなホワイトクリスマスになりましたが、みなさんはどんなクリスマスを過ごされたでしょうか?今年も残すところ5日になりました。掃除片付けをして、新年に臨みたいと思います。今年も一年ありがとうございました ♪

**********************************
f0166173_418460.jpg
f0166173_4221458.jpg
f0166173_4255434.jpg
f0166173_4282666.jpg
f0166173_431461.jpg
f0166173_4342795.jpg
f0166173_4373339.jpg


 パリのプティ・パレで、華道家の假屋崎省吾氏の個展が始まった。12月20日の夜に、オープニングレセプションパーティが開催され出席してきた。プティ・パレは1900年のパリ万博会場として建てられた典雅な宮殿で、現在はパリ市立美術館として機能している。その大きな会場を假屋崎氏がどんなふうに花でアレンジするのか大変興味があった。

 「夢にまでみたパリで、それも美しいプティ・パレ宮殿で個展が開けて嬉しいです」
と満面の笑みで日本語とフランス語で挨拶された假屋崎氏は、藤紫にシンビジウムの花を描いた着物がよく似合う。今回は假屋崎氏自身がデザイン・プロデュースした着物と花のコラボということで、会場には大きな竹を組んだアレンジや花と着物、そして、クリスタルブランドのドームの花器がアレンジされ、プティ・パレの壮麗な空間をダイナミックに彩った。

 レセプションでは、パリ市立美術館館長のシャザル氏や日本大使館公使の正木氏の挨拶もあり、ゲストのフランス人や日本から見えた生徒さんたちなど着物姿の人も多く、華麗な響宴となった。

「假屋崎省吾の世界」
 プティ・パレ 12月21日〜1月2日まで。



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
by madamemariko | 2010-12-27 04:10 |

パリの桜

こんにちは。
フランスは、今日28日からサタータイム。時間を1時間進めました♪

 昨日の土曜日は、隣街の14区までお買い物に。その途中に、桜並木のある通りを通る。見たらもう桜の花が満開に。空気はまだまだ冷たくて寒いのに、花は震えながらも咲き誇っている。花冷えとはよく言ったものだ。

 もともと淡い桜色ーピンクが好きなので、どこに行ってもピンクの素敵なものがあると目に留まる。散歩途中のサロン・ド・テの店先に出ていたピンクのスツールとテーブルも可愛い!




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_1185796.jpg
f0166173_1195784.jpg
f0166173_11122842.jpg
f0166173_11131019.jpg

by madamemariko | 2010-03-28 11:14 |

スイートピー Pois de Senteur

こんにちは。
昨日は、パリのローラン・ギャロスで、テニスの全仏オープンの最終試合があり、男子シングルス決勝で、スイス人のロジャー・フェデラーが優勝。フランス語と英語で愛嬌のあるコメントをし、満面の笑みを浮かべているのが印象的でした。


 フランスでは、6月の第一週目の日曜日は母の日。
 お友達が来宅し、母の日用のブーケを売るお花屋さんで素敵なブーケを見つけたと、私が大好きなピンク色の綺麗なスイートピーのブーケを持ってきてくださった。
 パッケージもスイートピーの色もとびきり美しい!
 このブーケを眺めているだけで幸せな気持ちに。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_16585973.jpg
f0166173_16593124.jpg

by madamemariko | 2009-06-08 17:26 |