ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Marche

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。

 今日は、普段のなんでもない一日をご紹介。
 私は現在、パリの15区に住んでいて、家の近くに週3回、大きなMarche(マルシェ)—露天市が立つのだが、道路の整備でマルシェの場所が少しずれて、なんと家の前に市が立つことに!

 朝目覚めて窓を開けると、目の前に市が立ち賑やかなので、もう行かずにはいられない感じで、マルシェにハマっている。
 何を売っているかというと、野菜やフルーツ、お花、肉、魚、パン、ワイン、洋服、日常雑貨などいろいろ。とくに日曜のマルシェが充実しているので、私は1年くらい前に、コレットでゲットしたアニヤ・ハインドマーチのエコ・バッグを持って、マルシェに買い出しに行く。

 野菜やフルーツはスーパーなどで買うより、ずっと新鮮で安い。写真のバラの花は、10本で6ユーロ、グリーンアスパラや桃、プチトマトは、ひとやま1キロで3ユーロ前後など。近いからいいようなものだが、最後には手に持ちきれないくらいの買い物をしてしまうことになる。

 今回のお買い物では、魚屋さんで新鮮な大きなアジを見つけて買って来て、3枚におろして、アジのたたきを作った。また、ロティスリーに寄って、スペアリブのローストとポテトのソテーを買ってくる。季節のサクランボやホワイトアスパラも何度も買って、そろそろ食べ飽きたので、平べったい桃を買ってきたら、これがとっても甘い。トマトは、赤い色のほかに、最近は黒トマトや黄色、グリーンのトマトも出回り、甘みがあって美味しい。パン屋さんではPavot(ケシの実)のついたバゲットを購入。チーズ屋さんでは、大好きなコンテの熟成したチーズを買い…買い物は終わりがないのだ。

 フランスは農業国だから、やっぱり食は豊富でいいですね。
 マルシェのお陰で、最近やたら家の食卓が彩り豊かになっている。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_7463616.jpg
f0166173_7472775.jpg
f0166173_7475533.jpg

by madamemariko | 2008-06-24 08:00

Tae Ashida 2008-2009 Automn-Winter Collection

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。
パリは爽やかな季節を迎えていますが、みなさまお元気ですか?

 6月17日、今年でパリ進出20周年を迎えるファッション・ブランド「JUN ASHIDA」が、これを記念して、「miss ashida」のデザイナー、芦田多恵さんのパリ初のコレクションを披露した。

 会場になった16区にあるMusee Gallieraには、中村江里子夫妻や某人気女性誌の編集長など日仏のセレブや顧客、プレス関係者ら約400名が詰めかけ、盛大なショーとカクテルが行われた。

 ショーには、人気のヘア&メークアップアーティスト、メーク担当のOssamuさん、ヘア担当のHiroさんも東京から駆けつけて、上品で構築的、フェミニンな洋服に合わせた素敵なヘアメイクを完成。会場から「ブラヴォー、ブラヴォー!」の声が挙がり、力の入った素晴らしいコクレションに観客が見入っていた。

 ショーの後は、中庭でカクテルパーティがあり、芦田多恵さんが招待客と歓談。大きな仕事を乗り越えた多恵さんの優しく光り輝いた美しい笑顔が印象的だった。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_8444870.jpg
f0166173_8452371.jpg
f0166173_8455321.jpg

by madamemariko | 2008-06-19 08:57 | ファッション

LADUREE

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。
パリもようやく暑い日がやって来ました〜!

 先日、東京のお洒落ギャル男ライターさんからメールがあり、日本にもついに「ラデュレ」がオープンするとのこと。
 「ラデュレ」は、美味しいマカロンやケーキで有名なお店。日本にはまだ出店していなかったので、日本のラデュレ・ファンにとってはビッグニュース。
 
 そんな矢先、ラデュレのパリのプレスから、東京オープンに先立って、説明&試食会のお誘いがあったので、シャンゼリゼのお店に行ってきた。
 ラデュレのプレジデントのお話では、今年の7月に、東京の銀座三越のなかに、ラデュレのサロン・ド・テがオープンするそう。マリー・アントワネットのブドワール(仕度部屋)をイメージした本格的な内装になるそうで、パティシエはじめスタッフもみなパリから出向するという。

 バラやカシス、フランボワーズ、ミント、ピスタチオ、ショコラ、レモンなどのフレーバーのマカロンは、大変フレッシュで、口のなかでふわっと甘みが広がり、最高に美味しい!
 そして、パッケージも美しい。いろいろなデザイナーやブランドとのコラボレーションで作られるお菓子箱は、季節ごとに違う。現在は、イギリスのデザイナーズ・ギルドとのコラボレで、これらのデザインも素敵。
ショーウィンドーのディスプレーもとても綺麗なので、ぜひ写真で楽しんでみてね。






人気ブログランキングへ

ランキングへクリックお願いします
f0166173_844620.jpg
f0166173_852362.jpg
f0166173_855797.jpg
f0166173_862582.jpg

by madamemariko | 2008-06-10 08:11 | オシャレなモノ/スグレモノ

Jardins, jardin aux Tuileries 

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。

  5月29日から6月1日まで、チュイルリー公園内にて、「ジャルダン・ジャルダン」というイベントがあり、オープニング・パーティに出かけてきた。
 このイベントは今年で4年目ということで、公園内にはジャルダン(ガーデン)関係の雑誌や苗木屋さん、ガーデンアクセサリーなどの会社が参加。約20の個性的なガーデンが作られ、大盛況となった。

 今回は、参加している会社のひとつ、シャンパーニュ・メゾンの「ローラン・ペリエ」のプレスの方からのお誘いで伺う。
 ローラン・ペリエのプレスティージュ・シャンパーニュの名前にちなんだ「ジャルダン・グランシエクル」を出展。フランス人のランドスケープ・アーキテクトのイヴ・ゴス・ド・ゴールによって作られたジャルダンは、正当派のフランス式ガーデンに、鏡などを取り込んだ斬新なもの。ちょうど雨上がりだったこともあり、鏡に水滴が付き、淡いブルーの空や白の可憐なマーガレットの花と交錯して、思いがけないガーデン・アートが出来上がっていた。

 会場には、シャンパーニュの名前になっているローラン・ペリエのオーナーの長女のアレクサンドラさんや次女のステファニーさんも主催者として登場。ローラン・ペリエのマグナムのシャンパーニュが招待客に振るまわれ、素敵な初夏の夕べとなった。
f0166173_9251920.jpg
f0166173_926194.jpg





人気ブログランキングへ

ランキングへクリックお願いします
by madamemariko | 2008-06-06 09:29