ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Biarritz

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。

 仕事の合間を縫って、ついにプチバカンスに出かけてきた。
 前日は仕事を片付けていくために、朝まで完徹。いえ、5分間だけ仮眠して、そして、くたくたになりながらも飛行機に乗って、ビアリッツへ。仕事で旅に出るのが日常化しているが、そのなかでも個人的にかなり気に入っている地方が「ペイ・バスク」、フランス側のバスクだ。

 サーフィンで世界的に有名なビアリッツは、こぢんまりとまとまった瀟酒な海辺の避暑地。到着した日は少し雲があり、波が高かったが、翌日は快晴。カラフルなパラソルが並ぶビーチ前のカフェテラスで取る朝食は、もうそれだけで幸せな気分。なんとなく実家のある湘南江ノ島海岸に似ている。でも、湘南の海は、これほど綺麗なコバルトブルーではないけれど。

 午前中は、スペイン国境近くの小さな港町、サン・ジャン・ドゥ・リュズに足を延ばす。素朴な元祖マカロンで知られる「メゾン・アダム」のマカロンを買い、マルシェでエスペレット産唐辛子入りのマスタードや黒サクランボのジャムを購入。街の中心にあるバスク特有の作りの古い教会を覗いたりする。マルシェの裏にある隠れ家的な食堂で、よく冷えたサングリアを飲み、イベリコハムやイカスミの柔らか煮、マグロの煮込みなどをいただく。

 そして、午後3時ごろにはビアリッツに戻り、ビーチでゆっくり日光浴。
 潮騒の音が一定のリズムを刻み、柔らかな風が頬と肩を撫でる。今日の読書は、デュラスの『夏の雨』でも読んでみよう。






人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_557327.jpg
f0166173_5573551.jpg
f0166173_5581653.jpg
f0166173_5585024.jpg
f0166173_5593356.jpg

by madamemariko | 2008-07-24 05:59 |

Kesslord

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。
パリは本格的なバカンスシーズンに入り、今日も地方にバカンスに出る車で、道路は相当渋滞しているようです。さあ、私もそろそろパリジェンヌのようにバカンスに出かける準備をしなくては!

 私がしばらく前から、秘かに愛用している隠れバッグ・ブランドがある。
 その名は、「ケスロード」(Kesslord)。
 仕事で知り合いになった日本の人気タレント事務所の女社長が持っていたバッグが、あまりにも素敵だったので、「それはどこの?」と聞いたら、パリブランドだという。長年住んでいる私が知らないブランドがあるなんて…。

 さっそく紹介してもらった「ケスロード」のブティックをマレに訪ねて、すっかり気に入ったのが3年くらい前のことである。
 マレにあるブティックは、シンプルでモダンな作り。ディスプレーしてあるバッグはトレンド感がさりげなくあり、しかも機能的な作りで、使用している革の素材も厳選され、かなりおしゃれ。そして、驚いたのはコストパフォーマンス。ふだん購入しているバッグの値段のなんと1/5以下の価格帯で、最初は自分の目を疑ったほど。

 そうこうするうちに、そのブランドが日本のTVに紹介されることになり、私も応援出演。TVの力は大きく、あっという間に人気が出て、今では百貨店の三越本店や各支店、伊勢丹、小田急や各ブティックで販売されるようになり、私が知ったころより、相当大きなブランドに生まれ変わりつつある。

 私が昨年購入した白の革バッグも大好評で、持って歩いていると、それはどこの?とカルティエのジュエリーデザイナーやパリのエディターなどに何度も聞かれた。コレクション数はかなり多いので、正直言ってすべてが自分好みということではないが、見ると必ず欲しくなるものがある。そろそろ、次の新作を見に行かなくちゃ。

Kesslord
11 rue Sevigne 75004 Paris
tel:01-42-72-04-65




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_1753968.jpg
f0166173_17543631.jpg
f0166173_17562996.jpg

by madamemariko | 2008-07-19 17:57 | ファッション

Ecobag

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。

 私はここ数年、エコやビオ(オーガニック)に凝っている。
 以前に、パリで薬膳料理(マクロビオティックの料理)の教室を取材したのがきっかけで、それ以来ビオの食材などに興味を持っているのだ。
 詳しい知識があるわけではないけど、近くのビオのスーパーに行っては、身体に良さそうなものを探してくるのが楽しい。塩分少なめのヒマラヤ岩塩や乾燥イチジク、キャロットジュース、玄米パン…。

 で、必要になってくるのがお買い物袋のエコバッグ。
 いちばん最初に購入したのは、アニヤ・ハインドマーチのエコバッグ。
 “I’m not a plastic bag”と書かれたもので、これは世界中で販売され、ものすごく人気が出たもの。私はそれほど人気があるものと知らず、セレクトショップのコレットで1年ほど前にたまたま安くて可愛いと購入したのだが、今でもお気に入りのエコバッグとして愛用。マルシェやスーパーのお買い物には、いつも使用している。

 最近はおしゃれなエコバッグがないかな〜と、いろいろなところでアンテナを張り巡らしていたら、あるある!
 ビオのスーパーのオリジナルバッグやお友達が教えてくれた有名なブランジュリー(パン屋さん)の麻タイプのバッグ、バゲットを入れる長細い布バッグなど、オリジナルなエコバッグがいっぱい。

 外国に取材に出たときも、エコバッグに注目。アムステルダムでは、スーパーの「Dirk」で、可愛いデカ・エコバッグを発見。たっぷり入る上、マジックテープが上に付いていて、閉められるようになっている。
 当分は、おしゃれなエコバッグ・コレクションに夢中になりそうだ。 

 パリやヨーロッパのエコバッグを探している人は、ここにアクセスしてみて。
お問い合わせは、e-mail:roserose75@ymail.com




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_6271849.jpg
f0166173_625535.jpg
f0166173_6253181.jpg

by madamemariko | 2008-07-12 06:34 | ファッション

Mellerio dits Meller

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。

 パリはようやく夏の到来。ここ2、3日はとてもいいお天気が続いている。
先日、ハイ・ジュエリーブランドの『メレリオ・ディ・メレ』の新作、「マリー・アントワネット」のコレクションの発表があった。
 しかし、メレリオ・ディ・メレのブランドを知っている人は、意外に少ない。
宝飾店が並ぶラ・ペ通りにあり、創業は1613年。パリの5大宝飾店のひとつで、古くはマリ−・アントワネットやメディチ家の人々が顧客だったそう。

 ヴァンドーム広場近くにあるブティックは、とても上品な雰囲気。オーダーで作られるハイ・ジュエリーは、上階のアトリエで作業がなされている。
 今回は、「マリー・アントワネット」とネーミングされたコレクションのほかに、新しい9つのリングやペンダントなどが発表。メレリオ・カットのダイヤモンドやサファイア・ローズ、パールなどをあしらったネックレスや髪飾り、ミラー・コンパクトなどが、美しく繊細な輝きを放っていた。

Merrerio dits Meller
9 rue de la Paix 75002 Paris
tel:01-42-61-57-53
 




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_8474775.jpg
f0166173_8482339.jpg
f0166173_8485528.jpg

by madamemariko | 2008-07-05 08:54 | ファッション

Soldes

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。

 昨夜はサッカーの欧州選手権、決勝があったのでTVに釘付けになり、スペインとドイツの試合を観戦。私はとくにどちらのファンでもないけれど、優勝候補のロシアに勝ったスペインを応援し、スペインが常に優勢に立ち、優勝したので満足していたが、みなさまはどんな印象だったでしょうか。

 さて、6月25日からソルド(Soldes)—バーゲンセールがいっせいに始まったので、私も時間があるときに、買い物をしてきた。
 仕事柄、プレスセールがあるので、それを利用して購入したものもあるが、やはり一般のソルドも気になってしまう。初日には、デパートのプランタンやギャラリー・ラファイエットをのぞきに行った。デパートなら、人気のブランドなどがみな入っているので、買い物しやすいのである。

 ソルドのときには、普段買いにくい高級ブランドのコーナーをのぞいたりする。プラダやドルチェ&ガッバーナ、クロエ、YSL、バレンシアガ…。
 それぞれ45%や50%引きの値段がついているので、ぐっと買いやすくなる。ドルガバでは、店員さんおすすめのTシャツを購入。現代アートのジャクソン・ポロックにインスピレーションを受けて作られた限定2000枚のTシャツということで、その言葉に惹かれて(!)、グレーの無地のシャツにカラフルにペインティングされたものを買う。デザイン性の高さで、お宝的価値が出るかも!実は袖口のデザインも可愛いのだ。店員さんのお話だと、日本でドルガバのTシャツを買うとなると、ブティックで8万円以上もするらしい。

 プレスセールでは、パリジェンヌに大人気のヴァネッサ・ブリュノやポール&ジョーの洋服をまとめ買い。ふだんは黒や白などモノトーンの装いが多いが、ソルドのときには遊び心のある洋服にも挑戦してみる。写真の顔の絵が入ったグリーンのワンピは、ポール&ジョーのもの。

 靴も大好きだが、ふだんはあまり買わないブリュノ・フリゾーニのピンクのスエードのミュールをゲット。フリゾーニもブティックで400ユーロくらいするので、この機会に。
 年2回のソルドは、購買欲を刺激する。





人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。




f0166173_3545619.jpg
f0166173_3553647.jpg
f0166173_3561186.jpg

by madamemariko | 2008-07-01 03:58 | ファッション