ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Cesar

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。

 今日は日本から仕事でパリに見えたイケメン編集者さんとランチをご一緒する。そして、8月末に改装を終えたセレクトショップのコレットへ。コレットとGAPのコラボのTシャツなどがなかなか可愛い。そういえば、日本の銀座に上陸した北欧ブランドの「H&M」は、かなり人気のよう。店内に入るのに、2時間待ちとか。すごいですね〜!H&Mは、パリジェンヌにも大人気だけど、やはり日本でもこれからかなり受けそうだ。

 今日は、ヴァカンス前に行ってきたカルティエ財団の「セザール展」についてご紹介。
 カルティエ財団はモンパルナスのラスパイユ通りに面するが、建物は全面ガラス張りのオープンで透明感のあるたたずまい。セザールは、20世紀後半に活躍したフランスの偉大な彫刻家だが、その作品をカルティエ財団の建物やアラブ世界研究所、ケ・ブランリー美術館などを設計した建築家、ジャン・ヌーヴェルによるアンソロジーという形で展示。外からも作品が見え隠れするし、建物を囲む庭にも作品が展示されている。
 なかでも圧巻は、地下に展示された自動車をプレス機械で圧縮した「コンプレッション(圧縮)彫刻」のシリーズ。アーティストのクリエーションの情熱やスパイラルなものが感じられ、とても刺激のある展覧会。ぜひ必見だ。

Fondation Cartier
「Cesar, Anthologie par Jean Nouvel」
261 Bd Raspail 75014 Paris
10月26日まで。







人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_8203060.jpg
f0166173_8215050.jpgf0166173_8231225.jpg
by madamemariko | 2008-09-24 08:25 | 美術散歩

Violet

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。

日本で夏のヴァカンスを1か月過ごしたため、ブログをお休みしてしまいまし
た。せっかくチェックしてくださっていたみなさま、本当にごめんなさ〜い!

 日本では鎌倉の実家でのんびりした後は、毎日のように東京に仕事で出かけていた。モード系orお姫キャラのエディターさんや、イケメン編集者やおしゃれギャル男ライターさんをはじめ、有能な各誌の編集長やエディターさんたちにお会いする。そのほかTVや舞台のプロデューサーや日本で写真展を開いていたカメラマンさん、若手の超売れっ子女優を抱えるタレント事務所の社長…私の回りには輝いている人がいっぱいだ。

 最後には京都に足を延ばし、桂川沿いにある某割烹で、鮎の塩焼きや伊勢海老のスープ、味噌仕立て、とり貝と松茸のしゃぶしゃぶなどこだわりの旬の素材を使い、手間ひまかけた美味なお料理の数々を戴く。そして、それらが枯淡な味わいの尾形乾山や魯山人のお皿でなにげに出てくるので、焼き物好きな私として
は、それはそれは嬉しくなってしまった。いくら著名な作家のものであろうと、料理の器は料理を盛ってこそ、その美しさを発揮するというもの。繊細な日本料理は、下準備から食材、お料理から器にいたるまで、やはり世界に誇れるものだと思う。ご主人のお話では、私もよく知っているパリの3つ星シェフたちも食べに見えるということで、すっかり話が盛り上がり、楽しい夏の締めくくりとなった。

 パリは、涼しい!そして、久しぶりにパリの街なかをうろうろ歩き回ってき
た。この秋のトレンドカラーは、Violet(ヴィオレ)。つまり紫色。どこのブティックに入っても、紫のバリエーションが氾濫している。
 
 この傾向は7月の早い時期から出ていたので、私もいくつか入手ずみ。プラダで見つけたプチサック(ミニバッグ)は、店頭には出ていなくて、店員さんにあれこれ希望を言ったら、奥から出してきてくれたもの。色が品のいいパープル
で、かなり気に入っている。プチトップは、H&Mで見つけたもの。バックに黒のリボンがついているものだが、これはおそらくドルチェ&ガッバーナのドレスのコピーかなというもの。でも、可愛い。日本にもH&Mが上陸したようで、これからプチプリ・モードなものがますます人気が出てきそうだ。





人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。




f0166173_16363476.jpg
f0166173_5484922.jpg
by madamemariko | 2008-09-14 16:44