ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バルテュス節子氏の展覧会 Setsuko Klossouwska de Rola

こんにちは。
パリは寒さからようやく抜け出し日中で6度くらいまで上がり、春のきざしが見え出しました。パリジェンヌたちは春の装いをどうするか、やっとそんなことを考える気分になってきたようです♪

 現代具象絵画の巨匠、故バルテュスの夫人、節子・クロソフスカ・ド・ローラさんの個展が、
1月11日からパリの吉井画廊で始まった。節子さんとはバルテュスを通して35年のおつきあいという吉井長三会長が企画されたもので、エチュードを中心に12点の新しい作品が展示された。

 ヴェルニサージュの日に、吉井会長のお取り計らいでお話を伺わせていただく機会を得た。節子さんには、数年前にスイスのご自宅、グラン・シャレに取材でおじゃましたことがある。久しぶりにお目にかかる節子さんは、彌勒菩薩のような崇高な表情がはっとする美しさ。紅鳶色の赤のお着物がことのほかよくお似合いだ。

 「現在はなんでも便利になり、それらに呑み込まれてしまい、本当に大切なことを見失いそうになっているような気がします。そんななかで、私は五本の指を動かして絵を描いたり、手仕事をしたいと考えています」。そうおっしゃる節子さんの作品が、画廊の階下で静かに、しかも何かを訴えかけるように並ぶ。

 「長くヨーロッパに住んでいると、いろいろな形でギリシア神話に接っします。私はギリシア神話に登場するレダやミネルヴァ、エコーなどに心惹かれ、今後こうした題材をもとに描きたいと思っています」。快活に話をし、外の世界に興味を持ち冒険心に溢れ、精力的に行動される節子さんは、ある意味ギリシア神話に出てくる女神のひとりのような存在。そんなことを感じさせられる素敵な展覧会だった。

Galerie Yoshii
「Setsuko Klossowska de Rola」展
8 Av. Matignon 75008 Paris tel:01-43-59-73-46
〜1月30日まで。

写真:節子さん、節子さんと吉井画廊の吉井長三氏、節子さんとジュエリーデザイナーの娘のハルミさん、ハルミさんのご友人で著名なプランス・ド.サヴォワ氏と夫人で女優のクロチルド・クローさんらに囲まれて。岩絵の具などを使った繊細なタッチの作品。アトリエでは、モーツァルトのあらゆる音楽に触発されるという。
 



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。



f0166173_3325527.jpg
f0166173_335376.jpg
f0166173_3363794.jpg
f0166173_3372082.jpg
f0166173_3381883.jpg
f0166173_3392194.jpg
f0166173_342178.jpg
f0166173_3432636.jpg

by madamemariko | 2010-01-25 04:00 | 美術散歩

ツィッターTwitter

こんにちは。
パリは超寒ーいです。
いまハヤリのTwitterを開始しました。
つぶやいている方のなかには、鳩山首相から坂本龍一さん、コレット、レディ・ガガまで(笑)!
息抜きに覗いてみてください。
http://twitter.com/mariko75

私のTwitter アイコンは、下記のフォトです。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。



f0166173_43633.jpg

by madamemariko | 2010-01-09 04:04 | お知らせ

ヘレンド・コレクション Herend Collection

こんにちは。
パリは新年からずっと鈍色の空の寒い日が続いています。今日は外出したら、外の気温はマイナス4度!ファーの襟付きのコートにムートンのブーツ、そして、インナーはユニクロのヒートテック(笑、でも必須)、ニット帽に革のロング手袋。にもかかわらず、クラクラするくらい寒いのです。夜は温かいヴァン・ショー(ホットワイン)にしようかと思いましたが、書き物の仕事もあるので、おとなしくしょうが湯にしておきました♪

 昨年、我が家で開いたクリスマスパーティのときに、ハンガリーのブダペストに温泉旅行に出かけていた旅仲間の友人が、ヘレンドの高価なティーカップをプレゼントしてくれた。11月に遡る私のバースデープレゼントとのこと。思いがけないプレゼントにびっくり。嬉しい!

 実は私はヘレンド好き。数はたくさんは所有していないけれど、いくつかのお気に入りがある。10年以上前に取材でブダペストに行ったときに、わざわざ郊外の蚤の市まで行ってティーカップ6客を購入したのをきっかけに、パリでセールがあると、ひとつ、ふたつと数を増やしている。ヘレンドの製品はみなハンドメイド。手に入れたものは、手描きの繊細さや手ひねりの造形の美しさに惚れ惚れしてしまう。小さなボンボン入れや器は、裏をひっくり返しても見事な匠の技がこっそり隠されている。

 いただいたのは、「アポニー・ヒストリック・グリーン」シリーズのティーカップ。かつて、ヴィクトリア女王がウィンザー城のために、ヘレンドにオーダーしたデザインの系統だ。そう言えば、パリジェンヌが大好きなブランド「ポール&ジョー」のデザイナー、ソフィーの自宅を取材したときに、彼女もヘレンドが大好きと言っていた。いろいろなコレクターのソフィーは、さすがに個性的なヘレンドの黒のシリーズを収集していた。ひさしぶりに、またブダペストに行きたくなった。

写真:ヘレンド、下2カットはソフィーと黒のヘレンド・コレクションの記事
 



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_915371.jpg
f0166173_922559.jpg
f0166173_92535.jpg
f0166173_932594.jpg
f0166173_935545.jpg
f0166173_94237.jpg

by madamemariko | 2010-01-07 09:09 | オシャレなモノ/スグレモノ

マグリット新解説②  Magritte ②

新年明けましておめでとうございます。
カウントダウンのときには、近所から「Bonne Annee(新年おめでとう)!」の声があちこちから聞こえ、車のクラクションを鳴らす音が高らかに響き、新年の幕開けを実感したところです。
皆様、今年もどうぞ良いお年をお過ごしください♪

 先月から、ベルギーの王立マグリット美術館の公認専属ガイドである森耕治氏による、ベルギーの国民的画家、ルネ・マグリットの作品の新解説をご披露している。マグリットのことを調べると、小市民を装ったマグリットの伝記が書かれている。が、果たしてそこに書かれていることは真実なのだろうか。彼が描いた作品は謎に満ちたメッセージとも捉えられる不可解な内容の作品が多い。これはなぜなのか?マグリットに興味を持った者なら誰しも感じることで、これを美術的見地からではなく、心理学的に検証しようとした人物がいる。それを私に教えてくれたのが森氏だった。

 その人物とは、ベルギーのルーヴァン大学で講師を務める、精神分析学者のロワザン博士だ。彼はマグリットの作品に魅せられ、マグリットの心理について小論文を書くつもりで、彼が幼少のころに過ごした場所を訪れた。そこで、マグリットの隣人だった人に意外なことを聞いたことがきっかけで、マグリットのことについて10年以上も調査を費やしたという。このブログでは、ロワザン博士が調査した内容や森氏のことをご紹介しながら、マグリットの作品を繙いていきたい。

 2回目は、マグリットファンが好きな青空が出てくる作品をご紹介。私もとても気になる作品のひとつだ。森氏の解説をお楽しみください。

「帰還」1940年 
星の光る夜空に、真昼間の青空をくりぬいたハトが、卵が三つある巣に戻ってくる。夜と昼間の組み合わせという点では後の「光の帝国」を彷彿させるが、ここで肝心な点はそれではなくて、この絵が制作されたいきさつだ。
1940年5月10日に、ドイツ軍はベルギーに宣戦布告なしに進入してきた。そして5日後の5月15日には、ドイツ軍はパリに向けて進軍を始めていた。そこでマグリットは親友スキュトウネール夫妻と汽車でフランスへの脱出をはかる。でも妻のジョルジェットは盲腸炎に苦しみ連れて行くことができなかった。そしてマグリット自身もブラッセル発のパリ行きの汽車がなくなっていたために、立ち往生していた。ようやくフランス国境をこえてフランスのリールまでたどり着き、そこからパリ行きの列車に乗ることができた。パリに着くと、今度はパリ郊外の友人クロード・スパークの家に行き、預けてあった自分の作品を取り戻して金に換え、フランス南西のカルカッソンへ逃げた。このクロード・スパークという人物は、戦前・戦後ベルギーの外務大臣を務めたオンリ・スパークの弟だ。大変興味深いのは、当時クロード・スパークはポール・デルボーの親友でもあって、マグリットがたずねていったスパークの家は、1948年の暮れに、ポール・デルボーがタムと駆け落ちしていった家でもある。
残念ながら親友スキュトウネール夫妻はジロンド地方でピカソと出会い、マグリットはたった一人でカルカッソンにたどり着き、そこで耐乏生活を余儀なくされる。一か月後にスキュトウネール夫妻がカルカッソンに来てくれたものの、彼の頭の中にはベルギーに残したジョルジェトのことしかない。何とかしてベルギーの妻の下に戻りたい。そう願うのだが、占領下で簡単にはベルギーに戻れない。おまけに、列車で旅行するには自由通行証が必要で、それが取れる見込みもない。とうとう彼は自転車でベルギーに戻る決意をする。でも、あっという間に力尽きて、カルカッソンにまいもどった。そして、8月4日にとうとう自由通行証を入手したが、戦争中のことゆえ、なにが起こるかわからない。しかも彼はナチスから退廃芸術とみなされていたシュールレアリスムの画家。そこで彼はニースまで避難していたスキュトウネール夫妻に「ベルギーに着く前に、もし死んでしまったなら、ジョルジェットに、最後の瞬間までおまえを愛していたと伝えてくれ」と書いた遺書を郵送して出発した。この絵は、そうして命がけでたどり着いたベルギーの妻のそばで描いた作品だ。だから「帰還」なのだ。

 解説を読むとマグリットの生きた足跡が見えてくる。平和を希求する気持ちか、それとも別の意味なのか、マグリットの深層心理が明暗のある描写のなかでおぼろげに浮き彫りにされてくる。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_4312030.jpg
f0166173_4332731.jpg

by madamemariko | 2010-01-02 04:35 | 美術散歩