ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マグリット新解説④ Magritte ④

こんにちは。
フランス、そしてヨーロッパはアイスランドの火山噴火、火山灰の雲の影響で、主要な空港が閉鎖。私も明後日に海外フライトを控えているので、どうなることやら。早く噴火がおさまってくれることを祈ります♪

******************************************

 またまたひさしぶりになってしまいましたが、ベルギーの王立マグリット美術館の公認専属ガイドの森耕治氏による、ベルギーの国民的画家、ルネ・マグリットの作品の新解説をご紹介。

「これはパイプではありません」 This Continues to Not Be a Pipe 1929年(原作)
マグリットの代表作のひとつ。これとほぼ同様の作品がロサンジェルス美術館に所蔵されている。ここでマグリットが言おうとしたことは、これは紙に描かれたイメージであって、本物のパイプではない。だからパイプではないのだ、ということ。でもパイプは彼にとって、もっと深い意味をもっていた。悪いことをいっぱいした青年時代のマグリットが大好きだったアメリカの探偵小説に「ニック・カーター」というのがある。いつもパイプを片手に横目でにらみながら犯人を追いかける探偵ニック・カーターにマグリットはずいぶんほれ込んで、パイプをくわえて横目でにらむ自分の顔を写真にとらせて、それを名刺代わりにしていた。つまりパイプは青年時代のマグリットの象徴だった。苦い思い出ばかりある青年時代をつとめて語ろうとしなかった彼が、この後、パイプをほとんど作品の意匠として用いなくなったのは決して偶然ではないだろう。そして1930年に、アンドレ・ブルトンがジョルジェットがつけていた十字架をとがめたことに憤慨したマグリットは、大恐慌の最中で経済的にもパリではやっていけなくなった理由もあって、ブラッセルに戻る決意をする。

 マグリットのおなじみのパイプの絵だが、この解説にあるように青年時代はかなり悪いことをしていたというマグリット。そして、決定的な出来事も起こるのだが、ここしばらくは作品の解説をお楽しみください。実はこの解説のなかにも、えっと思う事実が含まれているのだ。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
by madamemariko | 2010-04-19 11:32 | 美術散歩

パリの犬&猫グッズ専門店 Mes boutiques preferees ⑤

こんにちは。
土曜日は一日快晴。仕事がたまっているのに、ちょっとだけ読書。こんなつかの間の時間が幸せに感じられる。先日オペラのブックオフで手に入れてきた、直木賞を受賞した佐々木譲の「制服捜査」の一章を読む。最初から何かが起こる予兆が感じられ、途中でやめられないストーリー展開。直木賞作品も早く読みたいです♪

******************************************
注)せっかくこのページをご覧いただいていますが、残念ながら下記の犬&猫のグッズショップ「ワァッフ&ミャーウ」は、
  閉店しています。とても残念なのですが、思い出の記事としてご覧いただけましたら幸いです。

 パリの友人のひとり、みっこちゃんが経営する犬&猫のグッズショップ「ワァッフ&ミャーウ」。なんとあのオペラ通りの真ん中にブティックを構え、入り口には可愛い犬の置物と水飲み場があり、犬好きの観光スポットになっている。

 みっこちゃんは大の犬好きで、アキちゃんという可愛い白いぬいぐるみのようなわんこと一緒に住んでいる。ブティックへの出勤もみっこちゃんと一緒。アキちゃんがブティックにいると、買い物客がみなアキちゃんと記念写真撮影大会。(残念ながら、今回はアキちゃんの写真がないのです。スミマセン泣)

 ブティックには、みっこちゃんがヨーロッパのあちこちから買い付けてきたスワロフスキー付きのぴかぴかの首輪や服、アクセサリー、バッグなどが並び、圧巻の品揃え。中近東のお姫さまが車で乗り付けて大量買いしたり、ミラ・ジョボビッチがふらりと入ってきたりと、お客さまの層の厚いこと!

 私は残念ながらわんこもネコちゃんもいないけれど、一緒に住んでいる人はきっと家族同然なんだろうなーと思う。そんな犬好き、ネコ好きが満足するものが、ここには集まっている。

Waaf & Miaou
14 Av de l’Opera 75001 Paris
tel:01-42-60-02-26
www.waaf-miaou.com




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_791489.jpg
f0166173_79487.jpg
f0166173_7103238.jpg
f0166173_7124119.jpg
f0166173_7132357.jpg

by madamemariko | 2010-04-11 07:16 | お気に入りの店

シャネル ディスプレー

こんにちは。
まだ肌寒いパリですが、街には各所で花が咲きだし、少しずつ春めいてきました。5日の月曜はランディ・パックと言い、復活祭の祝日です♪

******************************************

 先週末、ひさしぶりにデパートのギャラリー・ラファイエットに入り、3階のカフェで仕事の打ち合わせをした。帰りにデパートのショーウィンドーを見たら、シャネルのディスプレーの可愛いこと!

 話はいきなり飛ぶが、私は洋服のデザインは、プラダやミュウミュウの服が好きだ。その理由はこのふたつのブランドの服のデザインが、ある意味普遍的だから。たとえば、プラダの定番のトレンチやシャツは、十数年前とほとんど変わらないデザインのものを今も作り続けている。ミュウミュウも同じで、定番のカーディガンは、毎回色は異なるが、デザインやカットは同じものを作り、飽きずにいつまでも着られる。そして、素材も進化しながらも、昔着ていたものも最近のもののように着られる。その普遍的な一貫したスタイルが好きだ。ぱっと見た感じは、トレンドの先端という印象を受けるが、実はつねにベイシックなデザインが繰り返し取り入れられている。だから大切に着れば、いつまでも着られるのだ。

 そういう面で言えば、シャネルも同様だ。シャネルスーツに代表されるように、シャネルスーツも繰り返し、作られている。そして、つねに新しさと遊びを加えながら、シャネルのエレガントなエスプリを残している。今回のディスプレーの赤のジャケットやバッグを見ながら、やっぱりいいなと思った。その上、実際に手にしてみると、その作りの美しいことと言ったら。
ひさびさに、ショーウィンドーに遊びを感じた。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_802224.jpg
f0166173_811958.jpg
f0166173_815471.jpg
f0166173_823021.jpg

by madamemariko | 2010-04-05 08:07 | ファッション

エールフランス機内誌「ボン ヴォヤージュ」

こんにちは。
フランスのアルザスとリール、ベルギーのアントワープ、パリでの取材ロケを終え、打ち上げはパリの1ツ星日本レストラン「あい田」で、オマール海老の豪華なコースを頂いてきました。素敵なあい田シェフの手の込んだお料理、おいしかったです♪

 先日、フランス近代絵画の巨匠、ジョルジュ・ルオーの取材をした。ルオーのお孫さんのひとり、ジャン・イヴ・ルオー氏らが管理するルオー財団の協力を得て、取材を進行。ルオーは、ボザール(国立美術学校)で絵を学んだが、同じクラスにはあのマティスもいた!そして、そのクラスの担任教授は、ギュスターヴ・モローだった…。

 この続きは、エールフランスの機内誌「ボン ヴォヤージュ」4〜6月号の巻頭特集「魂の画家、ジョルジュ・ルオー」で記事を執筆。ルオーの素晴らしい作品もたくさん掲載されているので、機会があったらぜひご覧ください!





人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_7471042.jpg
f0166173_748423.jpg

by madamemariko | 2010-04-03 07:54 | アート