ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

<   2017年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「パリで花仕事、斎藤由美さん」

みなさま、お元気でしょうか?

ようやくブログをアップしました。新緑の季節は、パリも日本もどこも美しいですね~。

みずみずしい花々が街中に咲き乱れているのを眺めているだけで、心が潤ってくるようです。


 「パリで花仕事」をされているフラワーアーティストの斎藤由美さんとのおつきあいは、かれこれ17年になる。そんなにしょっちゅうお会いするわけではないけれど、仕事のご縁があり、時々お目にかかる。そんな時、由美さんはいつも美しい笑顔を絶やさない素敵な女性だ。


斎藤由美さんは、現在「
Yumi SAITO PARIS」を主宰し、パリでフラワーブーケレッスンを開き、活躍されているしばらく前に、パリの左岸、オデオンにショップを構える今をときめくトップフローリストの「ローズバッド」を取材した時に、由美さんが取材窓口になってくださり、それがきっかけで、由美さんのキャリアを伺うことにした。


由美さんは渡仏して、今年で
18年目になるという。つまり、私との出会いは、由美さんがパリに見えて、比較的すぐということになる。日本の長野で7、8年、フラワーアレンジメントの教室を開き、そのころパリでは著名なフラワーデザイナーのクリスチャン・トルチュが全盛の時期で、由美さんはそのアレンジをどうしても学びたいと渡仏。しかし、研修をさせてもらえるという保証も何もないままパリに来て、毎日のようにクリスチャン・トルチュのお店を訪ね、研修させて欲しいと懇願。約半年かけて、驚くような運も味方して、トルチュでの研修が叶うようになったそうだ。


 「最初は手探りの状態で、毎日のようにショップに通い、研修させて欲しいとアピール。ある時、花を通してクリスチャン・トルチュの友人という方(フランス人)と出会い、その方の口添えで、研修できることになったのです。まるで運命の出会いのようでした」と、由美さんは当時のことを振り返る。これにはもっと、へえ~という内容があるのだが、それは由美さんのご著書でひもといていただきたい。


 クリスチャン・トルチュは、当時私も何度か取材したことがある。その時、必ず窓口に立っていたのが由美さんだった。由美さんがようやく研修にこぎつけて、ショップに立っていたとは私はつゆ知らず、落ち着いた対応をしていた由美さんのことが、今でも記憶の片隅に鮮明に残されている。


由美さんは、「クリスチャン・トルチュは、フラワーアレンジメントの世界に革命を起こした人です。美しい花に、今まで誰も見向きもしなかった雑草や蔓、苔などを合わせてアレンジ。私は自然の一部を切り取り、庭を凝縮したような花の世界、アレンジを学んだのです」

トルチュのもとで当時一緒に学んだのが、先に紹介したローズバッドのヴァンソンだったという。ヴァンソンは当時、企業やショップなどの注文花装飾の責任者で、由美さんとはその時からの長い仕事仲間だそう。ヴァンソンはやがて独立して、
2010年に現在のショップをオープン。由美さんも独立して、名門ホテルのリッツで、コンペに勝ち抜き花装飾の仕事に就いた。やがてリッツが改装でクローズ後、ヴァンソンのローズバッドで、由美さんのブーケレッスンを開いている。コースは、ブーケ・ド・マリエ、シャンペトル、コンポジションの3つあり、初心者からプロの方までのレッスンを受け付けている。


 「組み合わせはシンプルで、たくさんの花を混ぜないのが私流。2、3種類の花に、
野草などのグリーンを合わせ、高低をつけて立体感を出し、どこから見ても美しいアレンジを作っています」。由美さんのブーケは可憐で、毅然とした美しさが宿る。それは由美さんの生きざまが投影されているかのようで、その花の佇まいに惚れ惚れする。


斎藤由美さんのことやレッスンのお問い合わせ先

http://ameblo.jp/yumisaitoparis/


※画像はローズバッドのショップと花アレンジ。普通の花屋さんと異なり、すべて花アレジして飾られている。由美さんとヴァンソンのアレンジは違うが、ベースとなるコンセプトは同じものを目指している。ローズバッドとヴァンソンのことは、「日経プライヴ」春号で、拙者のエッセイとしてご紹介中。





f0166173_01061032.jpg


f0166173_01060285.jpg

f0166173_01055147.jpg

f0166173_01054051.jpg

f0166173_01041962.jpg

f0166173_01034641.jpg


by madamemariko | 2017-04-25 01:24 |