ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

タグ:イベント ( 11 ) タグの人気記事

「パリコレ/ポール&ジョー 」

こんにちは。
昨日は、凱旋門のすぐ近くにある三越エトワールで始まったばかりの「細川護煕展」に行ってきました。画廊のオーナーや知識人のファンの方からおうわさに聞いていたお茶碗などを拝見。近々レポートいたします♪

 パリコレのなかで、私がずっと以前から応援しているブランド、「ポール&ジョー」に行ってきた。ポール&ジョーは、ヴァネッサ・ブリュノ、イザベル・マランと並び、おしゃれなパリジェンヌに圧倒的に人気のあるブランド。前回までは、ルーヴルのなかで開催されていたが、今回はけっこう大手メゾンも利用している13区のLa Halle Freyssinet というイベントホールで開催。ショー前のバックステージにもおじゃまし、コレクションの洋服を間近で見たり、オーナーデザイナーのソフィー・アルブに挨拶したり。モデル通の友人にいろいろレクチャーを受け、人気モデルのサシャやコンスタンスたちのヘアメイク風景を眺めたりと刺激的。バックステージは、シャネルのオートクチュール・コレクションなどで経験ずみだけれど、やはりショー直前の緊迫感はたまらない。

 ショーは会場の真ん中にロックバンドのステージが設けられ、ショー&ライブコンサートのスタイル。2011年の秋冬コレクションは、ソフィーがお得意のお嬢様ルックのAラインのコートやドレス、手編みニットのセーターやムトンのロングブーツなどが愛らしい。今年の冬があまりに寒かったパリ。それを反映したような、寒い冬を楽しく、ソフトに快適に過ごせるアイテムが満載のコレクションだった。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_5145398.jpg
f0166173_5152688.jpg
f0166173_5161880.jpg
f0166173_5165632.jpg
f0166173_517298.jpg
f0166173_5175596.jpg
f0166173_5185274.jpg
f0166173_5194188.jpg
f0166173_5205621.jpg

by madamemariko | 2010-03-13 05:26 | ファッション

ツィッターTwitter

こんにちは。
パリは超寒ーいです。
いまハヤリのTwitterを開始しました。
つぶやいている方のなかには、鳩山首相から坂本龍一さん、コレット、レディ・ガガまで(笑)!
息抜きに覗いてみてください。
http://twitter.com/mariko75

私のTwitter アイコンは、下記のフォトです。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。



f0166173_43633.jpg

by madamemariko | 2010-01-09 04:04 | お知らせ

アルザスの美しい村のクリスマス   Noel dans un merveilleux village en Alsace

こんにちは。
クリスマスを目前にして、プレゼント探しやパーティ用の食品の買い出しなどでごった返しているパリ。スーパーに行き、パリジャンのショッピングカートの中を覗くと、フォワグラやサーモン、シャンパンなどのごちそうやドリンクが、ごっそり買い込まれています。私もフォワグラなどを買ってきたところです♪

 昨年の今頃は、アルザスの小さな村に、クリスマス取材に出かけていた。半日歩けば、村を一回りできるような小さくて可愛い、お伽噺に出てくるような村々。クリスマスのシーズンには、クリスマスマーケットが村の中心に立ち、素敵なオーナメントやギフトグッズなどを売る露店が出て、それらを覗き歩くのが楽しい。

 そして、普通の家々でも、クリスマスの飾りつけがされ、あちこちにサンタクロースの姿が見える!まるで家ごとに競い合うかのように飾り付けられ、イエス・キリストが誕生した場面を再現した「クレッシュ」が飾られているのが印象的だった。

 今日はクリスマス・イヴ。みなさまもJoyeux Noel ! (素敵なクリスマスを!)




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_258875.jpg
f0166173_259738.jpg
f0166173_344797.jpg
f0166173_365930.jpg
f0166173_382952.jpg
f0166173_19342251.jpg
f0166173_1935149.jpg

by madamemariko | 2009-12-24 03:12 |

ミュージカル「モーツァルト・ロペラ・ロック」 Mozart L'Opera Rock ②

こんにちは。
秋はキノコが美味しい季節。マルシェで買ってきた香りの高い新鮮なキノコとニンニクだけのスパゲティを作りました。上質なオリーブオイルと新鮮なレモンとニンニク、鷹の爪。もうこれだけで十分美味しかったです。♪

 今年9月から開幕した新作ミュジーカル、「モーツァルト・ロペラ・ロック」が、連日満席の大ヒットを飛ばしている。フランスのミュージカルのヒットの正攻法はこうだ。まずお茶の間のTVで、PV(プロモーション・ビデオ)をさかんに流し、ラジオでレパートリーの音楽をガンガンに流し、キャストを出演させヒットさせるという方式。人々はいつの間にかメドレーを覚え口ずさんでいて、では、ミュージカルを観に行ってみようということになるのだ。

 神童、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトをどうミュージカル化するのだろう、それがいちばんの興味だった。パレ・デ・スポーツのコンサート会場は満席で、おしゃれなパリジェンヌやカップル、小さい子供連れの家族も来ている。いったん始まると、息をつかせない見事な展開。主役のモーツァルトにはミケランジェロ・ロコント、宿敵のアントニオ・セリエリには、フロラン・モト、モーツァルトの妻、コンスタンツェにはクレール・ペロ、妹役にマエヴァ・メリヌ。それぞれが持ち味の声を艶やかに表現している。脇役のキャストも層が厚い。

 そして、舞台は絵画のように美しい。プロデュースは、ミュージカル「十戒」や「太陽王」などを大ヒットさせたドーヴ・アチア&アルベール・コエン、演出は、エディット・ピアフの生涯を描いた映画「ラ・モーム」を手がけたオリヴィエ・ダーン、振り付けは、現在公演中のエルトン・ジョンとチム・ライスの「アイーダ」や「ザ・フーズ・トミー」などを手がけているダニエル・スチュワート、舞台美術と衣装は「太陽王」や国立オペラ・バレエなどを担当しているアラン・ラガルドなどの一流陣。舞台は生誕の地、ザルツブルグやウィーン、パリと次々と変わり、その舞台転換のスピーディなこと。そして、装飾や照明、コスチュームの凝りに凝ったこと!
 クラシックやオペラ、ロックを織り交ぜた超一流娯楽大作をぜひおすすめだ。

Palais des Sports
パリ公演〜12月27日、
フランス全国ツアー(リール、マルセイユ、ニース、ルーアンなど)来年6月まで。



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_2031771.jpg
f0166173_2042058.jpg
f0166173_20542.jpg
f0166173_21441078.jpg

by madamemariko | 2009-10-29 20:16 | 音楽

ミュージカル「モーツァルト・ロペラ・ロック」 Mozart L'Opera Rock ①

こんにちは。
先日、オートクチュールのドレスショップに取材に行ったら、フランスの人気TV番組「シークレット・ストーリー」でブレイクしたタレントのアンジが、ドレスの仮縫いに来ていました。雑誌では、「同じ番組で共演した男性と結婚予定。どこかのクチュリエでドレスをオーダー中」と書かれていたので、実はここなんだ!とびっくり。取材中にはいろいろな人に遭遇します♪

 パリで、オペラやミュージカル、サーカスなどの興行のプロデュースをしている友人が、現在公演中のミュージカル「Mozart L'Opera Rock」の席を確保してくれ、出かけてきた。普通に行ったのでは満席で取れない状態だったので、ラッキー!私自身のミュージカル鑑賞歴は、少し前に遡る。本来はミュージカルよりオペラ、歌舞伎よりお能が好きという志向にあるけれど、「なんでも決めつけてはいけない、実際のものを見ないでは話にはならない」という主義。というわけで、NYやロンドンの本場の数々のミュージカルも観て来た。

 フランスのミュージカルは、ある意味歴史が浅い。が、私が初めて観たフランス製ミュージカル、「ノートル・ダム・ド・パリ」を観たときの感動はすごかった。1998年のことだ。超斬新な舞台装飾と演出、すっきりとのびやかな歌声、記憶に残る名ナンバー、鍛え抜かれたダンス…。相当レベルが高いと思った。このミュージカルが大ヒット、大ロングラン、世界各地でも成功を収め、フランスのミュージカルの歴史は完全に塗り替えられた。その後に続いた「ロミオとジュリエット」や「十戒」なども次々と大成功を収め、「十戒」は友人たちが日本公演や韓国公演も果たし、私も雑誌やラジオなどのメディアで紹介させていただき、いつのまにかミュージカルの動向に敏感になるようになっていた。

 そして、今回ひさしぶりに心が動いたミュージカルが、「モーツァルト・ロペラ・ロック」だ。                                         つづく

Palais des Sports
パリ公演〜12月27日、
フランス全国ツアー(リール、マルセイユ、ニース、ルーアンなど)来年6月まで。



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_21205978.jpg
f0166173_21214215.jpg
f0166173_21222572.jpg
f0166173_2125345.jpg

by madamemariko | 2009-10-25 21:41 | 音楽

ポール&ジョー メンズ新作 Paul &Joe Homme

こんにちは。
先週は南仏プロヴァンスにロケに出かけ、35度を超える気温でしたが
パリも相当暑かったそう。なのに、今週はまた一転して涼しくなりまし
た。昨夜はマイケル・ジャクソンの追悼式をTVで見て、悲しんでいたひとりです。

 ポール&ジョーのメンズ新作発表会があったので、北マレにあるショールームに行ってきた。ポール&ジョーは、パリジェンヌに圧倒的な人気があるブランドだが、実はメンズコレクションもかなりいい。

 私が男性なら着てみたい、欲しいと思うものが目白押し。デザイナーのソフィー・アルブは、ものすごく感度のいい人。時代の流れに乗りながら、自由な発想でデザインするシャツやジャケットなど実におしゃれなデザインだ。今回のテーマは、60年代のロックンロールをソースにしたコレクション。フラワーモチーフやギンガムチェックなどは、レディスコレクションにもぜひ反映して欲しい。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_21333462.jpg
f0166173_21341099.jpg
f0166173_21344594.jpg
f0166173_21351644.jpg
f0166173_21355416.jpg
f0166173_2136309.jpg
f0166173_21371537.jpg

by madamemariko | 2009-07-08 21:41 | ファッション

カシニョール Cassigneul

こんにちは。
6月だと言うのに、昨夜は暖房を入れたいと思うくらい寒くて。友人に話したら、しっかりストーブをつけたと言っていました。週末くらいからいいお天気になるということで、期待したいです。

 8区のギャラリー街、マティニョン通りにあるギャルリーためながで、「カシニョール展」のヴェルニサージュ(オープニング・パーティ)があったので、出かけてきた。雨が結構降っていたので、人の入りはどうなのかなと思いながら行ったのだが、とても大盛況。華やかな紳士淑女の集まりという雰囲気。

 カシニョールと言えば、ほっそりとした女性の肖像画というイメージがある。日本にファンの人が多いそうで、画集もかなり出版されている。個人的には、正直言ってあまり見る機会のないジャンル。しかし、大きなギャラリーいっぱいに展示されたコレクションを見ると、独特な色彩に刺激される。それと、パリの公園や田舎、海辺の風景は、どこかノスタルジック。少し親近感を覚えた。

写真:上の写真は一番最初に描かれた作品、最後の写真はカシニョール夫妻。

Jean-Pierre Cassigneul 展 7月1日まで
Galererie Tamenaga
18 Av. Matignon 75008 tel:01-42-66-61-94




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_6373491.jpg
f0166173_63851.jpg
f0166173_6383577.jpg
f0166173_6385912.jpg
f0166173_6393891.jpg

by madamemariko | 2009-06-13 06:44 | 美術散歩

Lapins vs Cracking Art Group ウサギ vs クラッキング・アート・グループ

こんにちは。
5月はパリも祝日が多く、パリジャンもバカンスに出かける人が多く、街はいつもより人や車が少ないような気がします。

 仕事の帰りに、デパートのプランタンに立ち寄ったら、巨大なカラフルなうさぎが!!これはクラッキング・アート・グループのインスタレーション。ショーウィンドーやモード館の売り場など至る所に、200体の可愛いうさぎが設置されていて、買い物客が記念撮影をしていた。

 このグループは6人のアーティストで構成されているそうで、すでにベニスやブリュッセル、プラハでインスタレーションが行われたそう。プランタンでは、5/6〜6/20まで設置。ぜひ、覗いてみたい。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_8295855.jpg
f0166173_8304841.jpg
f0166173_83114100.jpg

by madamemariko | 2009-05-10 08:32 | アート

Paques

こんにちは。
花曇り。日本にはなんて素敵な言回しがあるのでしょう。パリでも八重桜やぼたん桜が満開ですが、時として空が薄く曇っていることが。花曇りの日はなんとなく心がときめきます。

 
 4月12日の日曜日は復活祭(パック)で、その翌日の月曜も祝日。この復活祭の時期には、どこのパティスリーやショコラティエでも、たまごやニワトリ、ウサギなどの形をしたショコラが売られている。
 ちょうどサンジェルマンに行く機会があり、ラデュレのショップの前を通ったら、復活祭の可愛いディスプレーが。ラデュレのパッケージやショコラの形は、本当に素敵!思わずカメラを向けた。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_7131242.jpg
f0166173_714271.jpg
f0166173_7143241.jpg

by madamemariko | 2009-04-14 07:09 | オシャレなモノ/スグレモノ

LADUREE

こんにちは。
パリのフリーのジャーナリストの粟野真理子(あわのまりこ)です。
パリもようやく暑い日がやって来ました〜!

 先日、東京のお洒落ギャル男ライターさんからメールがあり、日本にもついに「ラデュレ」がオープンするとのこと。
 「ラデュレ」は、美味しいマカロンやケーキで有名なお店。日本にはまだ出店していなかったので、日本のラデュレ・ファンにとってはビッグニュース。
 
 そんな矢先、ラデュレのパリのプレスから、東京オープンに先立って、説明&試食会のお誘いがあったので、シャンゼリゼのお店に行ってきた。
 ラデュレのプレジデントのお話では、今年の7月に、東京の銀座三越のなかに、ラデュレのサロン・ド・テがオープンするそう。マリー・アントワネットのブドワール(仕度部屋)をイメージした本格的な内装になるそうで、パティシエはじめスタッフもみなパリから出向するという。

 バラやカシス、フランボワーズ、ミント、ピスタチオ、ショコラ、レモンなどのフレーバーのマカロンは、大変フレッシュで、口のなかでふわっと甘みが広がり、最高に美味しい!
 そして、パッケージも美しい。いろいろなデザイナーやブランドとのコラボレーションで作られるお菓子箱は、季節ごとに違う。現在は、イギリスのデザイナーズ・ギルドとのコラボレで、これらのデザインも素敵。
ショーウィンドーのディスプレーもとても綺麗なので、ぜひ写真で楽しんでみてね。






人気ブログランキングへ

ランキングへクリックお願いします
f0166173_844620.jpg
f0166173_852362.jpg
f0166173_855797.jpg
f0166173_862582.jpg

by madamemariko | 2008-06-10 08:11 | オシャレなモノ/スグレモノ