ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

タグ:オシャレなモノ ( 20 ) タグの人気記事

「パリの美雑貨Ligne Claire Décoration」

こんにちは。
ちょうど2年前に、ある雑誌で「パリの美雑貨」特集の取材をしたのですが、その時にたくさんの雑貨屋さんを回りました。そのなかでも、ちょっと忘れられないくらい素敵なお店がいくつかあったので、ご紹介したいと思います。

日本にも、もちろんパリに負けないくらいお洒落な雑貨ショップがありますが、それでもやっぱりパリのセンスはなかなか。そのなかでも、私のとくにお気に入りは、リンニュ・クレール・デコラションLigne Claire Décoration。

15区のメトロ、Cambronneのそばにあるのですが、とくに商店街にあるわけでもないので、このお店を知っている人はあまりいません。でも、雑誌で紹介した時に、特集のいちばん始めのページに掲載され、写真もとても綺麗だったので、この雑誌が出た後、日本人のお客さんがものすごく増えたとお店のオーナー女性が喜んで連絡をくださったほどです。






人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_0355711.jpg
by madamemariko | 2015-08-20 00:44 | オシャレなモノ/スグレモノ

「ラ・バスティード・ド・ムスティエ」

こんにちは。
新刊「パリから一泊、フランスの美しい村」は、もともとアシェット婦人画報社時代の「マリ・クレール・ジャポン」で連載していただいたものをベースにした内容です。
連載が始まる時、連載を撮ってもらう写真家に、いずれは本にしたいと持ちかけ、本のデザインも写真家からアイデアをもらい、写真は念入りに丁寧に撮り下ろしていただきました。
本では、「フランスの最も美しい村」に認定されている156の村から21の村を厳選して紹介しています。

集英社の学芸部にこの本の企画を持って行った時に、編集担当の上司はフランス通で、すでに美しい村にいくつか行ったことがあるとのこと。「この企画いいじゃないですか!」とこちらが半信半疑なほど好意的な反応。そして、いくつもの大小の会議を経て、この企画が通ったのですが、フランスには何度も行ったことはあるけれど、美しい村に行ったことはないという編集担当者が、制作の前に美しい村を目にしておきたいとのこと。そこで、どこに行けばいいかということで、おすすめしたのが、南仏のムスティエ・サント・マリーという村。ステイはその村にあるアラン・デュカスのオーベルジュ、「ラ・バスティード・ド・ムスティエ」。
ここは何度訪れても素敵な場所で、村もオーベルジュも最高!

大変感激してくださった編集者とプライベートで行った時の画像をいくつかご紹介します。
実は本には出ていないレアな画像もいろいろあります。
詳しい内容はぜひ本でご覧になってください!

f0166173_05367.jpg




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。f0166173_055715.jpgf0166173_07395.jpgf0166173_072794.jpgf0166173_08239.jpgf0166173_085169.jpgf0166173_0185841.jpgf0166173_0192236.jpg
f0166173_023584.jpg
by madamemariko | 2015-08-16 00:28 |

「カルティエ、スタイルと歴史」@グラン・パレ

皆様、ご挨拶が大変遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。日本は今年は大雪で深刻な事態ですね。パリは暖冬と言われていますが、このまま春に突入するとは思いづらく、どうなるやら。。とりあえず、今日は真っ青な空が広がる快晴です♪

**************

 今年のパリでの初仕事は、カルティエのハイジュエリーやカルティエ・トラディションの撮影から始まった。ちょうどグラン・パレで「カルティエ、スタイルと歴史」展が開催の最中で、これはグラン・パレが企画した大掛かりな展覧会ということで、私も楽しみに鑑賞しに出かけた。

 展覧会場は広く、仄暗く照明を落としたなかで、ジュエリーのイメージがグラン・パレの天井や壁いっぱいに美しく映し出され、展覧演出もなかなかお洒落だ。展示作品は多義に及び、カルティエコレクションのほかに、所蔵している各美術館やプライベートコレクションから貸与されたものが多数展示され、見ごたえのある内容。

 マハラジャやウィンザー公爵夫人、モナコ・グレース元王妃などのコレクションもあり、それはそれは煌くばかりの圧巻のジュエリーが勢揃い。貴重なミステリークロックのコレクションもたっぷり鑑賞でき、カルティエの歴史の厚みに触れてきた。

f0166173_1885191.jpg


*展覧会は2月16日で終了しました。





人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
by madamemariko | 2014-02-21 18:13 | アート

「セルジュ・ルタンス Berlin à Paris

f0166173_18445451.jpg
みなさま、寒中お見舞い申し上げます。
今年は年始から飛ばしっぱなしで、初詣は伊勢神宮、仕事始めは京都と、なかなかアクティヴな動きをしています。そして、パリに戻って参りました。
今年もいろいろな取材をする予定ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます♪

**************

 最近は「美」をテーマにした取材が多いが、昨年11月末に鑑賞してきた「セルジュ・ルタンス Berlin à Paris」は、まさに美の展覧会だった。これは、ルタンス氏が上梓した3冊めの書籍の記念展で、セルジュ・ルタンスの今までの作品約30点が展示。70年代後半から80年代の作品で、その色彩や構成、アイデアが斬新で美しい。そのときの展覧内容をどうぞご覧ください。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_18451341.jpg
f0166173_18453165.jpg
f0166173_18454746.jpg
f0166173_1846638.jpg
f0166173_18462649.jpg
f0166173_18464256.jpg
f0166173_18465723.jpg

by madamemariko | 2013-02-06 18:49 | アート

「ディオールの新作ファイン・ジュエリー」

こんにちは。
パリはここのところ、ずっと氷点下のお天気が続いていました。それに少し慣れたのか、一度でも気温が上がると、なんとなく暖かくなった気分に。今日は4度まで上がりました。ざっくりした長めのセーターが欲しいと思って、ブティックに見に行っても、もう店内はカラフルな薄手の春ものばかり。まだまだ寒さが続きますが、みなさまお風邪など召されませんように♪

******************************************

 1月の後半に、ヴァンドーム広場のディオールのジュエリーショップに、ファインジュエリーの新作を見に出かけた。ヴィクトワール ドゥ カステラーヌが創り出すハイジュエリーは、いつも既成のジュエリーの概念からはみ出た、大胆で感性豊かなデザインが魅力だ。

 そこで今回一番に目が行ったのは、ディオール ファイン ジュエリー初の写真集だ。本のカバー自体もおしゃれで、それを飾っておくだけでも宝石のような輝きを放つ。ヴィクトワールがインスピレーションを受けるのは、花などの自然のモチーフやポップカルチャーなどで、遊び心がいっぱい。写真集はジュエリー史研究家のミシェル ユーゼによる詳しい解説つきで、ディオールのファインジュエリーの芸術的な世界に浸ることができる。

 ダミアン・ハーストなどのアート作品が掛けられた店内には、魅惑的なジュエリーや新作の腕時計なども展示。ムッシュ・ディオールがこよなく愛した薔薇の花のモチーフを、ピンククオーツとブルーカルセドニーに彫ったリングやペンダントも可憐で、思わず欲しくなってしまった。

f0166173_1628550.jpg
f0166173_1633775.jpg
f0166173_8442751.jpg



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
by madamemariko | 2012-02-14 16:39 | ファッション

「ヴァンドーム広場のハイジュエリー」

f0166173_027859.jpg
こんにちは。
ずっと気になっていたのですが、ブログの更新がずっとできていなくて…。今日はひさしぶりの更新です。いまは日本に一時帰国しているのですが、秋の紅葉をまったく見る余裕がありません。鎌倉のお寺の庭にでも行ったら見られるのかしら♪

*************************

 今月の和樂12月号(小学館)で、「パリ・ヴァンドーム、世界の至宝ジュエリー」の記事を紹介中だ。ときどきハイジュエリーの取材・撮影をさせていただくが、何千万、何億円クラスのハイジュエリーともなると、警備が大変。撮影中も複数のガードマンが撮影が終了するまでついていたりする。今回撮影したシャネルやヴァン・クリーフ&アーペル、ブシュロン、ディオールのハイジュエリーも、大きなレアなダイヤモンドやパール、サファイア、エメラルドなどが、惜しげもなくつけたい放題ついている!当然、私はダイヤモンドは大好きだし、ピンクの好きな私はピンクサファイアも大好きだ。

 そんなうっとりするハイジュエリーの写真、撮影も凝りに凝っている。記事を見ると、デジカメでジュエリーと背景を簡単に合成させているように見えるが、そうではない。ヴァンドーム広場をイメージした背景ということで、選んだのはヴァンドーム広場の建物にある彫刻だったり、メゾンの壁の絵だったり、広場の塔だったり。それらをまずモノクロフィルムで撮影して、プリント。そのプリントを背景にして、それは工夫に工夫を重ねた照明をあて、撮影しているのだ。出来上がった一流のプロの写真は、陰翳のあるドラマティックな写真に仕上がっている。ぜひ和樂の記事をご覧になってみてくださいね。





人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_0275470.jpg
f0166173_0285574.jpg
f0166173_0292267.jpg
f0166173_0435084.jpg
f0166173_0442087.jpg

by madamemariko | 2011-11-17 00:32 | ファッション

「Perche」 

こんにちは。
パリは大雪が降ったあと、毎日3度くらいの気温が続いています。私はモミの木も購入して、すでに飾りつけを終えました。パーティも開く予定で、すでにお正月の用意も始めているところです♪

***********************************

 先月、パリから西北に車で約2時間のペルシュに出かけた。今年の7月にもすでに庭の取材で訪れているが、ここはノルマンディー地方の南部に属し、最近はパリジャンたちのバカンス地や別荘地として人気上昇中のエリアだ。実際訪れると美しい田舎の風景が広がり、観光地化しておらず、しっとりしたたたずまいがなんとも言えず心地いい。

 フランス人の知人に紹介してもらって泊まったホテルは、ペルシュのベレームという小さな街の中にあり、このホテルも秘密にしておきたいくらいロマンティックなプチホテルだった。建物は16世紀のもので、室内はアンティークの家具や小物が配され、オーナーの気配りが感じられる。

 ホテルの紹介で、街にある花と雑貨を扱うショップに行ったら、ここもセンスのいいこと!パリよりずっと感度のいいインテリアグッズや花々が置いてあり、私はここでフランドル風の額やキャンドルスタンドなどを買い、おまけにお店のオーナーにバラのブーケまでプレゼントしていただき、すっかりこの街が気に入ってしまった。

人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_947263.jpg
f0166173_9472527.jpg
f0166173_948289.jpg
f0166173_9482517.jpg
f0166173_9485044.jpg
f0166173_9491852.jpg
f0166173_949475.jpg
f0166173_9501348.jpg
f0166173_9503984.jpg
by madamemariko | 2010-12-13 09:57 |

パリの犬&猫グッズ専門店 Mes boutiques preferees ⑤

こんにちは。
土曜日は一日快晴。仕事がたまっているのに、ちょっとだけ読書。こんなつかの間の時間が幸せに感じられる。先日オペラのブックオフで手に入れてきた、直木賞を受賞した佐々木譲の「制服捜査」の一章を読む。最初から何かが起こる予兆が感じられ、途中でやめられないストーリー展開。直木賞作品も早く読みたいです♪

******************************************
注)せっかくこのページをご覧いただいていますが、残念ながら下記の犬&猫のグッズショップ「ワァッフ&ミャーウ」は、
  閉店しています。とても残念なのですが、思い出の記事としてご覧いただけましたら幸いです。

 パリの友人のひとり、みっこちゃんが経営する犬&猫のグッズショップ「ワァッフ&ミャーウ」。なんとあのオペラ通りの真ん中にブティックを構え、入り口には可愛い犬の置物と水飲み場があり、犬好きの観光スポットになっている。

 みっこちゃんは大の犬好きで、アキちゃんという可愛い白いぬいぐるみのようなわんこと一緒に住んでいる。ブティックへの出勤もみっこちゃんと一緒。アキちゃんがブティックにいると、買い物客がみなアキちゃんと記念写真撮影大会。(残念ながら、今回はアキちゃんの写真がないのです。スミマセン泣)

 ブティックには、みっこちゃんがヨーロッパのあちこちから買い付けてきたスワロフスキー付きのぴかぴかの首輪や服、アクセサリー、バッグなどが並び、圧巻の品揃え。中近東のお姫さまが車で乗り付けて大量買いしたり、ミラ・ジョボビッチがふらりと入ってきたりと、お客さまの層の厚いこと!

 私は残念ながらわんこもネコちゃんもいないけれど、一緒に住んでいる人はきっと家族同然なんだろうなーと思う。そんな犬好き、ネコ好きが満足するものが、ここには集まっている。

Waaf & Miaou
14 Av de l’Opera 75001 Paris
tel:01-42-60-02-26
www.waaf-miaou.com




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_791489.jpg
f0166173_79487.jpg
f0166173_7103238.jpg
f0166173_7124119.jpg
f0166173_7132357.jpg

by madamemariko | 2010-04-11 07:16 | お気に入りの店

パリ・お気に入りのモノ①「Dexeryl Crème」

こんにちは。
昨日、家の近所を歩いていたら、ピンクの花の木が満開に。あれは桜だったのかどうか、また明日見に行ってきます。そろそろ近くの公園で、ジョギングを再開しようかな♪

 つくづくいいなーと思うのは、このクリーム「Dexeryl Crème」。ファーマシーで処方箋がないと買えないのだけれど、サンジェルマンのボナパルト通りにある「パリのマツキヨ」と、私たちが呼んでいる安売りのファーマシーに行くと、購入できる。

 本来はアトピー性皮膚炎の症状とか、軽度のやけどのときに使うクリームとのこと。炎症を押さえ、保湿効果があるそう。でも、普通のかさかさのお肌、とくに足のかかとや手のひじなどに塗るとすべすべのお肌に。しばらく使っていなかったが、今年の冬、あまりに寒くて、手の甲ががさがさになり、どのクリームを塗っても効果がなく、それで思い出したのがこのクリーム。久しぶりに購入して塗ってみたら、2〜3日ですべすべになった。やっぱり効果大!ぜひ、おすすめのクリームだ。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_9593879.jpg

by madamemariko | 2010-03-22 10:01 | オシャレなモノ/スグレモノ

ラデュレの「アリスのティーパーティ」

こんにちは。
昨日は忙しい仕事の間を縫って、デパートに用事に出かけてきた。プランタンのなかに入ったら、どの売り場も春の新作が飾られ、春物はなんだか花が咲いたようなカラフルさ。ヴァネッサ・ブリュノのトートバッグも素敵な新色がたくさん出ていて、思わず足を止めてしまいました。いまがいちばん旬の製品が揃っているので、気になったものは早めに手に入れておきたい気分です。パリコレが始まる前にダッシュ♪

 プランタンの春夏コレクションのテーマは、「不思議の国のアリス」だそう。その一貫で、1階のフロアには、ラデュレ主催の「アリスのティールーム」が設けられている。それが、すっごく可愛かったので、ご紹介を。マルタン・マルジェラやヴァネッサ・ブリュノなど7人のクリエーターによるショーケース・ディスプレーになっている。もちろん、ラデュレのスペシャルボックスも「アリス」仕様。マカロン10個入りのおしゃれなボックスが、26ユーロで販売されていた。
このティールームは、期間限定で3月9日まで。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_11454927.jpg
f0166173_11464718.jpg
f0166173_11472088.jpg
f0166173_1148776.jpg
f0166173_11485677.jpg

by madamemariko | 2010-02-23 11:50 | オシャレなモノ/スグレモノ