ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

タグ:オシャレなモノ ( 20 ) タグの人気記事

バスクのこだわりの店 Mes boutiques preferees ④

こんにちは。
ただいまフランスでは、国民的スターで歌手のジョニー・アリディの記念切手を発売中。日本でロックヒーロー、えいちゃん(矢沢永吉)の切手を発売するような感じです。アリディのブラックな切手コレクション、かっこいい♪

 ここ数年、私はフランスのバスク地方にはまっていて、毎年ビアリッツやサン・ジャン・ド・リュッツなどに出かけている。フランスとスペインにまたがるペイ・バスク(バスクの国)は、7つの地域からなり、バスクの言語や文化、音楽、スポーツなどを頑に守っている。しかも、海あり山ありの自然が豊かなバスクでは、新鮮な魚介から生ハムやスイーツ、ワインまで食べ物も大変おいしく、ヴァカンスに最高の場所。

 そんなバスクの香りが漂うブティックが、一昨年前から15区に住む私の家の近くにオープン。まずはその新鮮なバスクの色彩と味覚をお届け。バスク織りのリネン(7つの地域を表す7本ラインが特徴)やイツァスーを中心に作られる黒サクランボのジャム、エスペレット産の赤唐辛子のペーストやパウダーなどバスク独自の商品が買えるのが嬉しい。ジャムは、毎朝トーストにぬって食べるのだけれど、サクランボの実がそのまま入っていて、ほのかな甘さが美味しい。そして、エスペレットの赤唐辛子はそれほどピリ辛感がなく、子羊のオーブン焼きに添えて食べたり、水炊きの薬味に使用したりと、今ではなくてはならない食材に。ぜひおすすめだ!

 オーナーのマリー・アンジュさんは、ビアリッツ/ダックス出身で、バスクの魅力をパリで伝えたくて、このブティックをオープンしたそう。ちょうどおじゃましたときには、バスク出身の男性が買い物に立ち寄ったところで、ふたりでバスクのベレー帽を被り、バスク音楽を歌ってくれたのには感激。今年の夏もぜひバスクに遊びに行きたいと思っている。

PAMAIA
7 rue de Vouille 75015 Paris
tel:01-42-43-04-25
www.pamaia.fr

写真:商品には、バスク十字の「ラウブル」のマークが入ったコップやタオル、バスク織りのテーブルクロスやナプキン、タオルなどがある。

 



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_6112538.jpg
f0166173_6122459.jpg
f0166173_6125749.jpg
f0166173_6133144.jpg
f0166173_6141253.jpg
f0166173_6144465.jpg
f0166173_6151068.jpg

by madamemariko | 2010-02-03 18:24 | お気に入りの店

ヘレンド・コレクション Herend Collection

こんにちは。
パリは新年からずっと鈍色の空の寒い日が続いています。今日は外出したら、外の気温はマイナス4度!ファーの襟付きのコートにムートンのブーツ、そして、インナーはユニクロのヒートテック(笑、でも必須)、ニット帽に革のロング手袋。にもかかわらず、クラクラするくらい寒いのです。夜は温かいヴァン・ショー(ホットワイン)にしようかと思いましたが、書き物の仕事もあるので、おとなしくしょうが湯にしておきました♪

 昨年、我が家で開いたクリスマスパーティのときに、ハンガリーのブダペストに温泉旅行に出かけていた旅仲間の友人が、ヘレンドの高価なティーカップをプレゼントしてくれた。11月に遡る私のバースデープレゼントとのこと。思いがけないプレゼントにびっくり。嬉しい!

 実は私はヘレンド好き。数はたくさんは所有していないけれど、いくつかのお気に入りがある。10年以上前に取材でブダペストに行ったときに、わざわざ郊外の蚤の市まで行ってティーカップ6客を購入したのをきっかけに、パリでセールがあると、ひとつ、ふたつと数を増やしている。ヘレンドの製品はみなハンドメイド。手に入れたものは、手描きの繊細さや手ひねりの造形の美しさに惚れ惚れしてしまう。小さなボンボン入れや器は、裏をひっくり返しても見事な匠の技がこっそり隠されている。

 いただいたのは、「アポニー・ヒストリック・グリーン」シリーズのティーカップ。かつて、ヴィクトリア女王がウィンザー城のために、ヘレンドにオーダーしたデザインの系統だ。そう言えば、パリジェンヌが大好きなブランド「ポール&ジョー」のデザイナー、ソフィーの自宅を取材したときに、彼女もヘレンドが大好きと言っていた。いろいろなコレクターのソフィーは、さすがに個性的なヘレンドの黒のシリーズを収集していた。ひさしぶりに、またブダペストに行きたくなった。

写真:ヘレンド、下2カットはソフィーと黒のヘレンド・コレクションの記事
 



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_915371.jpg
f0166173_922559.jpg
f0166173_92535.jpg
f0166173_932594.jpg
f0166173_935545.jpg
f0166173_94237.jpg

by madamemariko | 2010-01-07 09:09 | オシャレなモノ/スグレモノ

パリ発ジュエリーブランド La Lueur de l'Aube

こんにちは。
クリスマスが終わり、街は少し静かになったような気がします。私の住むアパルトマンの入り口には、ブルーとホワイトでデコレーションされたもみの木が飾られ、中庭には赤とグリーンとブルーのライトが交互に点滅するイルミネーションが設置され、なかなかロマンティック。私もサロンにもみの木を飾り、ブダペストやチュニジアに行ってきたばかりの旅仲間が集まってクリスマス・パーティをしました♪

 先日友人の紹介で、ジュエリーデザイナーのMakikoさんという方が、私の家に作品を持って訪れた。武蔵野美術大学の空間演出学科を卒業後、アクセサリーの製作会社に入社。その後パリで彫金技術を学ぶため留学。一流メゾンのジュエリー部門で研修し、昨年「La Lueur de l'Aube」という名でブランドデビューしたという。

 見せていただいた作品は、細長い木箱に入っていて、箱もすべて手作りだそう。中を開くと色の綺麗な自然石を使ったジュエリーが箱にちりばめられていて、思わず目が釘付けに。澁澤龍彦著の「胡桃の中の世界」で記述がある、プリニウスの「博物誌」の著書が語る「宝石こそは自然の美しさの要約だ」という言葉を思い出した。

 ローズクォーツやクリソプレーズ(緑玉髄)、ホワイトトパーズなどをあしらった詩的なデザインのジュエリーが、箱のなかで控えめに輝いている。ブランド名は日本語に訳すと「夜明けの仄かな光」。風に揺れる草花や美しさを秘めた原石、静かにリズムを奏でる水滴など、自然からインスピレーションを得たものがデザインになっているそう。製品はすでにパリのブティックや日本のユナイテッド・アローズなどで販売中。私もさっそく透明感のあるローズクォーツのリングをオーダー。サイトも素敵なのでぜひ!

La Lueur de l'Aube
www.la-lueur.com

写真:作品と可憐な雰囲気のデザイナーMakiko Akiyamaさん




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_2223167.jpg
f0166173_223882.jpg
f0166173_2235167.jpg
f0166173_2243942.jpg
f0166173_6415895.jpg

by madamemariko | 2009-12-28 02:27 | オシャレなモノ/スグレモノ

0044 paris× ブラックボヤージュ  Mes boutiques preferees ②

こんにちは。
旅が生活の日常になっています。パリに長年住んでいますが、これも長い旅のひとつのようなもの。確かに、ここに基盤を据えて暮らしているのですが、いまだに異国であることに変わりはありません。パリに住んでいると、逆に日本の各地に旅してみたくなります。いつかは、西行が辿った道を白洲正子流にあちこち歩いてみたいなーと思っています。とくに行ってみたいのは、「那智の滝」。もっとも私らしい、おそらく究極のセレクションでしょう。でも、当分は近場のロンドンやモロッコ、エジプトあたりの旅を楽しませていただきます。『ユーロスター格安チケット、パリーロンドン往復69ユーロ!』安い♪

 マレに行きつけの美容師さんのサロンがある。もう十数年は通っていると思う。そのあたりは、サロン・ド・テで有名な「マリアージュ・フレール」など人気のお店が集まるエリア。いつも歩き慣れている通りなのに、カットの帰りにふっと、「こんなブティックがあったっけ」と導かれるように入ったのが、「0044 paris」だった。
 
 「0044 paris」は以前から人気の店としてその存在を知っていたが、11区だったのでは?と思ったら、このマレ店は、そのフラッグシップとのこと。2005年からオープンしているというのに、今まで迂闊にも気がつかなったのである。店内のインテリアがアートなデザイン!ブラックの箱のような外観から中へ入ると、店内は壁から床までレッドな空間。アンティークのショーケースやプリミティヴなマンモスのスカル、シャンデリアなどが配され、デザイナーの神秘的なエスプリが全身に伝わってくる。

 プレスの菊地さんに、お話を伺う。0044 parisはアートディレクターのS. Shimamura氏が、ブティックのインテリアデザインから服のコレクションまですべてをディレクション。90年代に、世界各国を旅して落ち着いた先がパリだったという。かつては考古学者になりたかったそうで、「時間の経過と生物の歴史は、神秘的で果てしない想像の世界へ誘う」というクリエイティヴ性から、このブランドを具現化。ロマンティックな哲学が、オリジナルの洋服や収集して販売しているアンティーク・ジュエリーひとつひとつに宿る。

 そして、この2009年秋に、日本で同じくS. Shimamura氏がディレクションを行っているコンセプトショップ n °44から、「トラベル」をテーマにした「Black Voyage (ブラック・ボヤージュ)」がデビューしたそう。ブラック好き、旅好きな私としては、まさに探し求めていたコンセプト!ネイミングもいい。このニューラインが、パリの0044 のブティックでも販売。まだ3パターンのラメ入りのルームシューズ、ポーチ入りしか商品展開していないが、今後はトラベルバッグやアイマスク、ルームウエアなども展開予定とのこと。私もそのラインナップにおおいに期待している。

 メディアに露出しないベールに包まれたS. Shimamura氏に、ぜひ旅のことや独自の美意識について、いつかお話を伺ってみたい。

Boutique 0044 paris Marais店
16 rue du Bourg-Tibourg 75004 Paris tel:01-42-76-00-44




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_474526.jpg
f0166173_481048.jpg
f0166173_48436.jpg
f0166173_491146.jpg
f0166173_493813.jpg

by madamemariko | 2009-11-19 22:00 | お気に入りの店

ジミー・チュウ×H&M Jimmy Choo for H&M

こんにちは。
先日は自分のバースデーだったのですが、お祝いのメールを頂いたり、素敵なブーケやシャンパンを頂いたり、思いがけない大きな贈り物が届いたり。歳を重ねても、いいことはあります♪

 ジミー・チュウとH&Mのコラボ商品が発売される!と、情報が入ってから結構経ったと思うが、ようやく今日11月14日に、H&Mでジミー・チュウのコラボ商品が発売された。ジミー・チュウと言えば、世界のセレブをはじめ全女性の憧れの靴のブランド。クリスチャン・ルブタンやマノロ・ブラニックがこの対抗ブランドにあたり、絶大なる人気がある。

 しばらく前からメトロの各駅には、H&Mのモード感たっぷりの大きな広告ポスターが貼られ、フランス版のエルでは、数ページにわたり広告ページが入り、かなり宣伝に力を入れている。そして、東京でも同時発売とのこと。パリのサイト情報では、ブティックに一番乗りで入るために、深夜3時から並んでいるとのこと。「きっと出かけても並ぶし、やめておこうー」と思ったのだが、限定商品に目がない私は、当日になると気になってしようがない。

 で、午後3時ごろ、ほかの用事を済ませてH&Mに行ってみた。売り場は想像以上に混雑し、戦争のよう。靴やバッグは午前中にとっくに売れてしまったそうで、今回初めて展開された価格高めのウエア類や残りものの靴やアクセサリーが残っている。でも、お客は次から次へと入ってきて、とにかくあるものを買いたい!というすさまじい雰囲気。若いパリジェンヌやご主人を伴ったマダムも必死の形相!そして、ワタクシは、なんとか見つけた大ぶりのネックレスを入手。満足して帰路に着いたのだ。ちなみに天下のジミー・チュウのネッックレス、39.95ユーロ。ヒール靴に負けないくらい迫力あり?!




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_465841.jpg
f0166173_491817.jpg
f0166173_410497.jpg
f0166173_4105643.jpg
f0166173_4113910.jpg
f0166173_4121117.jpg

by madamemariko | 2009-11-15 04:18 | ファッション

ラデュレ&クリスチャン・ルブタンのマカロンボックス Laduree Ⅹ Christian Louboutin

こんにちは。
今週は秋晴れが続いていますが、外に出ると空気はひんやり。さすがに、Tシャツとカーディガンでは、肌寒くなっています♪

 9月に入り、マカロンで大人気のラデュレでは、クリスチャン・ルブタンとのコラボのマカロン・ボックスが出ている。ルブタンは、ハリウッドの女優など世界中のセレブからパリジェンヌまでが憧れるおしゃれな靴のブランド。

 黒地やグリーン地の箱に、ルブタンの靴やバッグのデザインがちりばめられた素敵なパッケージ。以前から気に入った季節限定版のボックスを集めているので、急いでマカロンを買いに行った。「このボックス入りは、いつまで売っているの?」と聞いたら、「在庫がなくなるまで」とのこと。このボックスがなくならないうちに、大量買いしておく?




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_22594454.jpg
f0166173_2301754.jpg
f0166173_232781.jpg

by madamemariko | 2009-09-25 23:04 | オシャレなモノ/スグレモノ

ラデュレの新作 Les nouveautes de Laduree

こんにちは。
6月24日からソルド(バーゲンセール)が一斉に始まり、パリジェンヌたちの手には紙袋がいっぱい。さあ、この夏はなにを入手しましょうか。

 左岸のラデュレ・ボナパルト店で、ラデュレの新作発表会があった。上品な甘みのローズやヴェルヴェーヌのアイスクリームを戴きながら、新作をあれこれ拝見。ラデュレのマスコットのわんちゃん「マドモワゼル・フィフィ」の可愛い箱に入ったマカロンやこの秋にヴェルサイユ宮殿にオープンするラデュレ・ブティックを記念して発売される薔薇のつぼみの形をしたチョコレートなどスウィーツは相変わらずロマンティック。

 このほか、素敵なノートやキャンドルのほかに、コスメやベービー用品、化粧ポーチなども加わりますますグッズラインが充実。どれを手にしても「カワイイ!」と、感嘆の声を上げてしまうひとときだった。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_1902386.jpg
f0166173_1904549.jpg

by madamemariko | 2009-06-27 19:03 | オシャレなモノ/スグレモノ

ギャラリー・ラファイエット Galeries Lafaette

こんにちは。
今日は土曜日。朝は、グレン・グルド演奏のモーツァルト「ピアノ・ソナタ」のCDを聴き、その繊細な音色に酔いしれる。やっぱりグルドは一音、一音が研ぎ澄まされていて、身震いがします。クリエーションとは、こういうものを指すのだと思います。

 先日、パリの一大デパートのギャラリー・ラファイエットのプレスからお知らせがあり、6階にある「Souvenirs de Paris」(パリのお土産)コーナーが拡大したとのことで、出かけてみた。久しぶりに見る館内のステンドグラスのクーポール(丸天井)は、圧倒的な美しさ。

 6階のお土産コーナーは確かに売り場が広くなり、グッズも充実。とくに今年は、エッフェル塔が建立120周年を迎えるそうで、エッフェル塔のグッズも豊富。塔のミニチュアのバリエーションやキャンディ、キーホルダー、Tシャツなどがあり、お土産に喜ばれそう。

 7月中旬には、本館地下1階に、世界最大の婦人靴フロアが登場するそう。150のブランドが入店するということで、今から楽しみだ。
Galeries Lafayette
40, boulevard Haussmann
75446 Paris Cedex 09 France
Tel 33-(0)1-4282-3833

写真:一番上、クーポール、一番下デパート屋上からの眺め。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_2415991.jpg
f0166173_2422241.jpg
f0166173_2425159.jpg
f0166173_2432874.jpg
f0166173_2435584.jpg
f0166173_2442269.jpg

by madamemariko | 2009-06-21 02:47 | オシャレなモノ/スグレモノ

L’Occitane ロクシタン

こんにちは。
今日は太陽が出て、とても気持ちのいいお天気。マレで取材の後に、カフェテラスでほんの少しだけ日光浴を楽しみました。

 昨日の日曜日は、珍しいゲストが我が家に。以前にお仕事でご一緒した某女性誌の専属人気モデルのYちゃんが、ハネムーンでパリへ。我が家に立ち寄ってくださり、いっしょにランチを食べた。ひさしぶりに会うYちゃんは、相変わらずきれい!背もすらりと高くて、頭も良く性格もとってもいい。お土産に、ロクシタンのボディケア製品を頂いた。

 ロクシタンは私も仕事でいろいろ関わってきたので、馴染みの深いブランド。プロヴァンスのマノスクにある工場まで行ったことがあるが、自然素材を使用したたくさんのシリーズがある。Yちゃんが選んでくれたのは、オリーヴのシリーズ。しっとりと潤い効果のあるボディローションやハンドクリームなどで、香りも爽やか。美しく優しい心の持ち主のYちゃんのお幸せと活躍をお祈りしたい。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_256481.jpg
f0166173_2563956.jpg

by madamemariko | 2009-05-05 02:58 | オシャレなモノ/スグレモノ

Torchon フキン

こんにちは。
今週はとてもいいお天気が続いています。みんな嬉しそうで、どこのカフェテラスも太陽を楽しむパリジャン、パリジェンヌでいっぱい。


 布が好き。パリのインテリア雑貨ショップでも、南仏やバスク、ブルターニュ、アルザスに行っても、温かいぬくもりの感じられる布を探してしまう。とくに、フランス語でトルションと言われる大判のふきんが大好きで、おそらくどこに行ってもつい探してしまうほど。

 昨年から今年にかけてのお気に入りは、バスクで購入したボーダーの入ったカラフルなモダンなトルションやプロヴァンスで見つけた刺繍入りの手づくり風トルションなど。友人のイタリア土産のシックなトルションも素敵。こんなトルションがあると、キッチンのインテリアも映える。

写真上から
友人にいただいたお気に入りのイタリアのトルション。プロヴァンスで見つけた刺繍入りとピンクのボーダーラインが入ったバスク織りの専門店、ジャンヴィエのトルション。ブルターニュのカンペールの有名なリネンの店でみつけたカメリアのトルション。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_3474818.jpg
f0166173_3481821.jpg
f0166173_3484233.jpg

by madamemariko | 2009-04-25 03:50 | オシャレなモノ/スグレモノ