ブログトップ

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

Special Kyoto Wasaburo

こんにちは。
年末年始は日本に一時帰国。ぽかぽか暖かいお正月でしたが、パリに戻ってきたら寒いこと。−1〜3度くらいです。京都の友人と電話で話したら、京都では雪が降っているそう。

 
 日本に帰国していたので、鎌倉から京都へ寄り道。京都には、私の古くからの友人で、パリと日本で長年活躍するシャンソン歌手のワサブロー宅へおじゃまする。ワサブローの経歴や活動はサイトでご覧いただくとして、彼のことを少しだけご紹介。

 ワサブローは、フランス語でフランスのシャンソンをきちんと歌える数少ない歌い手。パリに在住すること30年あまりで、その功績を称えられて、2000年には、フランス政府から芸術文化勲章「シュバリエ章」をもらっている。でも、ワサブローのシャンソンは型通りのシャンソンではなく、彼自身が解釈してアレンジした、いわば未来形のシャンソン。フランス語の伝統をきちんと継承しつつ、オリジナリティと現代感覚に溢れた新しい歌を紡ぎ出している。

 私自身はワサブローとは20年近くのおつきあいになり、彼から影響を受けたものが数多くある。彼のお気に入りのエディット・ピアフやグレン・グルド、タンタン、サヴィニャック、澁澤龍彦…。どれもユニークなパーソナリティだが、みな奥が深い。ワサブローは、昨年は同じくパリ在住の中村江里子さんのトークイベントに出席した話などをしてくれ、京都弁のおしゃべりが楽しく、ついつい長居してしまう。

 京都は何度訪れても楽しいが、せっかくの古い家並がどんどん壊されていくのが惜しい。ワサブローの奥さん、登志子さんが、町家にパリの雑貨やアンティークを売る素敵なブティック「パダン,パダン」をオープン。パリやヨーロッパ周辺で仕入れてきた骨董やパリブランドの洋服や雑貨が、奥ゆかしいたたずまいの町家に上手に飾られている。京都にお立ち寄りの際は、ぜひおすすめ。もしかしたら、ワサブローに会えるかも。

パダン・パダン
京都市上京区裏門通一条下ル南新在家町(みなみしんざいけちょう)339ー2  
電話:075ー414ー9090
ワサブローのサイト
www.wasaburo-paris.com/

* 写真は上から京都の古い家屋。ブティック・パダン・パダンの店内、町家の室内。タンタンのようなヘアスタイルをしていたワサブロー。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。

f0166173_11415589.jpg
f0166173_11425755.jpg
f0166173_11434120.jpg
f0166173_1144141.jpg
f0166173_11444251.jpg
f0166173_1145818.jpg
f0166173_11453690.jpg

[PR]
by madamemariko | 2009-01-15 11:27 |
<< Special Osaka ... Ayu premium cou... >>