ブログトップ

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

パリの王道ホテル

皆様、ご無沙汰しております。

いかがお過ごしでしょうか。

家のご近所では梅や早咲きの桜が咲きかけていて、春はもうすぐそこに。

でも、その前に春嵐がやって来るらしいです!

昨年末は久しぶりにパリの王道のホテルを取材しました。新生ホテル・クリヨン、リッツ・パリ、ラ・レゼルヴと贅沢で豪華なホテルの取材。4年の改装を終えて、昨年7月にリオープンしたホテル・クリヨンでは、マリーアントワネットゆかりのスイートやカール・ラガーフェルドがデザインしたグラン・アパルトマンなどを取材。コンコルド広場に面する部屋からはコンコルド広場やエッフェル塔、ブルボン宮、アンヴァリッドなどが見渡せ、最高のシチュエーション。歴史がいっぱい遺された館で、それらの歴史を紐解きながら、優雅に過ごすのもいい思い出になりそうです。

ホテル・リッツもエレガント!こちらも4年の改装を終え、一昨年にリオープン。ここの優美な回転ドアを入るのは毎回ドキドキします。リッツでのハイライトはやはり、スイート・ココ。シャネルのデザイナー、ココ・シャネルは30年以上住まいとしてリッツに暮らしていたので、それにインスパイアされたスイートがあります。部屋には、ココ・シャネルの愛したコロマンデルの屏風やアートオブジェ、写真などがたくさんちりばめられ、シャネルの美意識に触れられる場所。私はずっと以前の取材でココ・シャネルが実際暮らしていた部屋も覗いたがことがありますが、それよりはぐっと広くてモダンになったような気がしました。

ラ・レゼルヴはアメリカの著名な旅行雑誌で、2017世界のベスト・ホテルに選ばれたパラスホテル。いま最も人気のあるホテルと言えるようです。内装はおなじみのジャック・ガルシア。ガルシア独特の濃密な世界が広がります。1階のクラシカルな図書室やカジュアルなレストランも雰囲気があり、これらを利用するだけでも楽しめます。

さすがパリのリュクスなホテルは、日本では味わえない極上の空間。今度パリに出かけたら、一歩足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

f0166173_13053309.jpg

f0166173_13171685.jpg

f0166173_13051640.jpg

f0166173_13063211.jpg



f0166173_13052415.jpg


f0166173_13044350.jpg
f0166173_13024407.jpg


[PR]
by madamemariko | 2018-02-27 13:22 |
<< Nikkei LUXE で連載... 旅のなか >>