ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

「モローとルオー 聖なるものの継承と変容」  

                                  
日本の夏の猛暑を経験し、パリに戻ってきました。こちらはさらっと爽やかで過ごしやすいこと。今日はひさしぶりに、日曜のマルシェに買い物に行ってきました。美味しそうなメロンや平べったい桃など、いろいろなフルーツをカゴいっぱいに買ってきました♪

**********
f0166173_20493750.jpg


 帰国中に、汐留ミュージアムにおじゃましてきた。9月7日から「モローとルオー」展があるのを知っていたが、8月末にパリ戻りの予定になっていたので、展覧会は残念ながら拝見できないので、せめて学芸員の方にお話が聞けないかと思い、おじゃましたのだ。

 大げさな言い方になるが、ルオーと私の出会いは2010年に遡る。エールフランス機内誌の「ボンヴォヤージュ」の巻頭特集で、「魂の画家、ジョルジュ・ルオー」を取材執筆担当させていただき、ルオーのアトリエが今も残るルオー家の人々が活動するルオー財団におじゃましたり、ルオーの師匠であったモローの美術館に出向いたり、ルオーの作品を多数扱い、ルオー家と深く交流のあるパリのギャラリー、「ギャルリーためなが」や「ギャルリー吉井」のオーナーにお会いしお話を伺ったりし、ルオーの人と作品に触れているうちに、どんどんルオーの作品に魅了されていったのだ。

 いろいろ調べているうちに、ルオーとマチスはボザールで同じクラスで、しかも当時の担当教授がモローだったということを知った。ルオー財団には当時の資料や写真が膨大にあり、まだまだ整理されていないルオーとマチスの書簡が多数あり、ルオーとマチスが単なるクラスメートだっただけではなく、卒業してからもお互いに尊敬しあい、心通じる真の意味での友人だったことがわかったりと、取材を続けながら知った事実に驚愕した。

 パリのギャラリーやポンピドゥーの国立近代美術館で、ルオーの作品を観るたびに、ルオーの作品が私の心に響いてくる。ルオーの作品は、マチスほどには世界的には知られていない。ルオーはひとつの派に所属しなかったので、しばしば「孤高の画家」と称されることが多い。それはそれで潔くていいと思うが、彼の作品の素晴らしさについては、もっと世界的レベルでしらしめたい。「聖書の風景」や「受難」「流れる星のサーカス」「悪の華」など、ステンドグラスのような深い色を湛えた、詩的で人々の心に沁みてくる繊細な色彩と表現の絵画の素晴らしさを、日本の方にももっと知っていただきたいと願う。

 今回の展覧会は、モローとルオーの深い関係と精神的な絆を紹介し、ふたりの素晴らしい芸術性を浮き彫りにするまたとない展覧会になるだろう。学芸員の方はさすがに長年研究されているだけあり、話は尽きなく、後ろ髪をひかれる思いでミュージアムを後にし、私はこの展覧会のヨーロッパでの巡回を心待ちにすることにした。

「モローとルオー 聖なるものの継承と変容」
9月7日~12月10日
パナソニック汐留ミュージアム
http://panasonic.co.jp/es/news/2013/1305/1305-01.html




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
# by madamemariko | 2013-09-08 20:57 | 美術散歩

ルーヴル美術館

皆様、お元気ですか?
しばらくブログをご無沙汰しています。
パリはようやく初夏の陽気と思って喜んでいたら、昨日の夕方から雨が降り、パリにちゃんとした夏はやって来るのでしょうか。

先日ルーヴル美術館の取材に行ってきました。
現在はその記事やほかの記事の準備中。
ランスのルーヴル分館にも行き、そちらの情報もお届けしたいのですが、いましばらくお待ちくださいませ!
途中ご報告でした。
f0166173_15392832.jpg
f0166173_15395540.jpg
f0166173_15402722.jpg
f0166173_15423030.jpg
f0166173_15455193.jpg

# by madamemariko | 2013-06-09 15:46 | 美術散歩

「セルジュ・ルタンス Berlin à Paris

f0166173_18445451.jpg
みなさま、寒中お見舞い申し上げます。
今年は年始から飛ばしっぱなしで、初詣は伊勢神宮、仕事始めは京都と、なかなかアクティヴな動きをしています。そして、パリに戻って参りました。
今年もいろいろな取材をする予定ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます♪

**************

 最近は「美」をテーマにした取材が多いが、昨年11月末に鑑賞してきた「セルジュ・ルタンス Berlin à Paris」は、まさに美の展覧会だった。これは、ルタンス氏が上梓した3冊めの書籍の記念展で、セルジュ・ルタンスの今までの作品約30点が展示。70年代後半から80年代の作品で、その色彩や構成、アイデアが斬新で美しい。そのときの展覧内容をどうぞご覧ください。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_18451341.jpg
f0166173_18453165.jpg
f0166173_18454746.jpg
f0166173_1846638.jpg
f0166173_18462649.jpg
f0166173_18464256.jpg
f0166173_18465723.jpg

# by madamemariko | 2013-02-06 18:49 | アート

「ジル・ゴリチ展覧会@バスク」Gorriti        

f0166173_6355117.jpg
こんにちは。
またまた、ご無沙汰してしまいました。日本で暑い夏を過ごした後は、南仏やアルザスの美しい町や村を訪れ、毎日旅の生活が続いたかと思えば、パリでアンティークの祭典のビエンナーレ取材をしたり、名門のハイジュエラーの取材をしたり、あっという間に時が過ぎていきました。秋は美食の季節。セップ茸や栗など食材が楽しい時期ですね♪

******************

 今夏、フランス画壇で活躍する画家、ジル・ゴリチの個展が、彼の本拠地、バスクのゲッタリー(ビアリッツの隣の町)の美術館で開催されたので、バカンスを兼ねて拝見してきた。ゴリチ氏には、日本の雑誌の取材で何度かご登場いただき、それ以来のおつきあいだ。パリとバスクにアトリエを持ち、ふたつのアトリエを行き来しながら、絵を描かれている。とてもインテリな方で、美術のことから音楽や食のことなど何でもよく知っている。

 パリのアトリエは何度かおじゃましたことがあるが、今回は初めてゲッタリーのアトリエを訪問。バスク建築の素晴らしいお宅で、そのなかにアトリエがあり、ゴリチらしい微妙なニュアンスの色に満ちた出来立ての作品が何枚も飾ってあり、それを眺めているだけで感慨深かった。

 
 展覧会はアトリエからほど近いゲッタリー美術館で行われ、なんとギャルリーためながの為永夫妻もかけつけて見え、地元のファンの人に囲まれ、大盛況。具象と抽象の狭間を揺れる画家の寡黙な精神性が感じられ、その複雑な美しい色彩のなかに、画家の心の響きが見え隠れする。蝶や花、赤いテーブルクロス、漆黒の壁…なにげないものが、なにげないものではなくなっていた。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
f0166173_6361380.jpg
f0166173_636332.jpg
f0166173_6365229.jpg
f0166173_6371070.jpg
f0166173_6373485.jpg
f0166173_6375121.jpg
f0166173_6381174.jpg
f0166173_638261.jpg
f0166173_6395979.jpg

# by madamemariko | 2012-10-23 06:46 | 美術散歩

「長澤恵里さんのお出汁レッスン@パリ」

こんにちは。
例年のように、8月に一時帰国しています。毎日、蒸し暑い日がえんえんと続きますね。
私は先週まで原稿執筆三昧の日々でしたが、ようやくひと段落。今週は東京で仕事の打ち合わせの日々を過ごしています。仕事の後は、渋谷のヒカリエなどに出かけ、ちょっぴり日本のバカンスを楽しんでいます♪

************************

 東京の世田谷で、料理教室「エリズ・キッチン」を主宰する料理家の長澤恵里さんが、先日パリに見えた。仕事関係の方から紹介を受けて知り合いになった恵里さんは、幼稚園のときにキッチンデビュー、おばあさまとお母様仕込みで料理の腕を上げ、パリのリッツ・エスコフィエで勉強をし、主席で卒業。その後、ご主人の仕事の関係で、NYなど海外に長く在住し、外国の美食にも接して、舌を肥やしてきたという。現在は世田谷で料理教室を開き、和食もほかの料理も相当の腕前で、それを聞きつけて集まってくる生徒さんも一流ブランドの社長夫人など美食家が多いそう。

 その恵里さんが、パリでフランス人相手に、日本料理の基本であるお出汁についてレッスンをした。2つのスーツケースいっぱいに、昆布や鰹節、味醂など日本の食材を持参。恵里さんの友人で、サン・ルイ島にアパルトマンを持つドイツ貴族令嬢のソフィーさん宅に、約10名のフランス人マダムやムッシューが集まり、お出汁がどういうものかのレクチャーを受けた。

 お出汁のとり方は、私も人並みには知っている。でも、恵里さんが使う食材は、日本人の私もびっくり!超上質な材料しか使わないというこだわりの恵里さんが持って来たのは、北海道の真昆布という特上の昆布や鰹節以上に上質で繊細な味わいのまぐろ節など。とても高価な食材だけれど、いつも築地の馴染みのお店で安価に仕入れているという。生徒のマダムたちは、それらの説明を受け、お出汁のとり方を習い味見をして、最後にそのお出汁を使った料理を試食。

 レッスンとは言うものの、アペリティフに恵里先生が用意した日本酒となんとシュエップスを割ったものに、イチゴやサクランボ、桃などを入れたフルーツポンチをいただき、生徒さんたちは上機嫌。お出汁を使った椀物、海老真薯や擬製豆腐、焼きなすのえごま和え、手鞠寿司など本格的なお料理をいただき、みんな大満足。とても濃いレッスンと相成った。恵里先生は、今後は、フランス人のマダムたちを日本に呼び、日本の食材の旅も計画予定とのこと。また、お正月には約40種類のお節料理を作られるそうで、ぜひそのお節もどんなものか拝見したいと思った。

f0166173_0385665.jpg
f0166173_0392228.jpg
f0166173_0393295.jpg
f0166173_0402620.jpg
f0166173_0403768.jpg
f0166173_040521.jpg
f0166173_041216.jpg




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
# by madamemariko | 2012-08-23 00:42 | グルメ