ブログトップ | ログイン

粟野真理子のパリおしゃれ通信

mmemariko.exblog.jp

「ドミニク・ブシェ、日本酒とフレンチの試食会」

f0166173_133128100.jpg
こんにちは。
パリは6月末から始まったソルド(バーゲンセール)で、街中紙袋を両手に抱えたソルド客で、騒然としています。そろそろバカンスも始まるので、街はちょっと浮き足立った状態です。今年前半はよく働いた気がします。現在発売中の小学館「和樂」のスイス・レマン湖特集で、スイスを訪れ、レマン湖の魅力を改めて知ったり、新雑誌の「美・プレミアム」で、パリのスパやフレグランスショップを20軒近く取材して、ビューティに目覚めたり…なかなか面白い取材を経験させていただきました。あともうひと仕事、いえあともうふた仕事くらいしたら、私もバカンス取ります♪

**************************
f0166173_13285654.jpg


 パリのグランシェフのひとり、ドミニク・ブシェ氏にお誘いを受け、日本酒とフレンチ料理の試食会に出かけてきた。場所は、パリ8区にあるレストラン「ドミニク・ブシェ」の地下サロンにて。集まったのは、「パリスコープ」や「パリ・キャピタル」といったパリの情報誌のフードジャーナリストの面々。わんちゃん連れで出席する男性もいたが、ドミニク・ブシェ氏を囲んで、アミューズ・ブシュやフォワグラ、オマールとキャビア、デザートなど本格的なコース料理に合わせた日本酒の試飲会。

 パリでも日本酒が徐々に浸透しつつあるが、フレンチ料理と日本酒の本格的なマリアージュは、まだまだ注目されていない。親日家であるドミニク・ブシェ氏は、以前より日本酒に興味を持ち、金沢の老舗の酒蔵「福光屋」とのコラボレーションで、フランスのカルフールなどで日本酒を販売、推奨しているという。

 今回の試食会でも、「ふく」や「ゆり」「さち」とネーミングされた純米大吟醸酒や純米酒とそれに合うフレンチを用意して試食。この秋から、これらのメニューをレストラン「ドミニク・ブシェ」のメニューに組み込んでいく計画だそう。実際、フランス人の食ジャーナリストたちも日本酒を飲む機会はあまりない様子。口のなかで広がる繊細な甘みや切れ味など、ワインにはないまた別の味わいに、みんな興味深げに試飲。ドミニク・ブシェは星つきの一流レストランだが、ドミニク・ブシェ氏は、星とりには興味がないよう。むしろ、自分の好きなこと、自分のやりたいことを悠々自適にしているところに好感がもてた。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。


f0166173_1332538.jpg
f0166173_13325067.jpg
f0166173_13333622.jpg
f0166173_13341727.jpg

# by madamemariko | 2012-07-04 13:43 | グルメ

「お気に入りのヴァカンス地、ビアリッツ」

こんにちは。
パリは6月も半ばだというのに、いまいちパッとしないお天気が続いています。
先週は忙しいなか、ずっと前から予定していたビアリッツに、無理やり?ヴァカンスに行ってきました。やっぱり海が見えるところというのは、気分転換になりますね。
バスクのビアリッツおすすめです♪

*************************
f0166173_6443338.jpg
f0166173_6452058.jpg
f0166173_64613.jpg
f0166173_6463328.jpg
f0166173_647439.jpg
f0166173_6473945.jpg
f0166173_648167.jpg


 フランスの南西にあるバスク地方のビアリッツは、世界的に有名なサーフィンのスッポト。私はサーフィンはしないけれど、海辺でサーファーの人たちがサーフィンをしているのを眺めているのは飽きない。ビアリッツの海岸沿いの波はいつ見てもドラマティックで、かなり高めの波がうねりながら不規則にやって来るのが面白い。

 ビアリッツはコンパクトにまとまった町で、メインストリートは海岸のすぐそばなので、通りを歩いていても、すぐに海が見えて来るのが魅力だ、そして、食べ物も魚介類や肉類、ワインなど、ふだんパリで食べているものとは違うので、なにを口にしても新鮮に感じられる。必ず食べたくなるのは、お隣のスペイン産のイベリコハムやセラノハム、チャングロと呼ばれるカニのファルシ、そして、バスクのIrouleguyのワイン、メゾン・アダムの素朴なマカロンなどだ。

 ホテルは海の見える部屋を取り、そこでのんびり過ごし、ぶらぶら散歩に出る。ときには、隣町のゲッタリーやサン・ジャン・ド・リュズなどに足を延ばし、海辺の人気レストランで食事をしたりと、気ままなヴァカンスが楽しめる。今回は仕事を抱えていたので、ホテルではずっと仕事をしていたが、それでも窓越しに見える海を見ているだけでも癒された。




人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
# by madamemariko | 2012-06-15 06:49 |

ミュゲの日

こんにちは。
5月1日はメーデーで、祝日。そして、ミュゲ(すずらん)の日だ。
すずらんの花は幸運を呼ぶということで、フランスでは恋人に送ったり、親しい人にプレゼントしたりしている。そこで、私も例年のように、いそいそとすずらんの花を求めて外へ。
今日は爽やかなお天気で、気持ちのいいこと!
街のあちこちで、すずらん売りがすずらんを売っている。
私は鉢植えのものを求めて帰宅。
世界中みんなの幸せを祈ります!
f0166173_048716.jpg

# by madamemariko | 2012-05-02 00:50 |

「花冷えの日曜日」 

こんにちは。
今日は意外に寒くて、7度くらいしか気温が上がりませんでした。久しぶりに時間ができたので、マルシェに行ったら、桜吹雪が舞い、とても情緒のある光景でうっとり。パリの桜もなかなか素敵ですよ♪

**************************

 せっかく時間ができたので、カゴを持って家の近くのConvention通りのマルシェへ。毎年見事な桜が咲くゾーンがあるけれど、今日は薄曇りで桜の花が舞い落ち、風情のあること。まさに花冷えの日曜日。

 いつもいく馴染みの野菜屋で、フランボワーズやイチゴ、アーティチョーク、シャンピニオンなどを購入。お花屋さんにも立ち寄ったら、紫のリラの花が売っていたので、それも入手。なんだか満ち足りた気分になって、帰宅。豚の角煮をココットで作ったり、アーティチョークを茹でたり、シャンピニオンのサラダを作ったりと料理を楽しんだ。

f0166173_722961.jpg

f0166173_735712.jpg
f0166173_754930.jpg
f0166173_773637.jpg

f0166173_7182210.jpg





人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
# by madamemariko | 2012-04-16 07:20

「ディオールの新作ファイン・ジュエリー」

こんにちは。
パリはここのところ、ずっと氷点下のお天気が続いていました。それに少し慣れたのか、一度でも気温が上がると、なんとなく暖かくなった気分に。今日は4度まで上がりました。ざっくりした長めのセーターが欲しいと思って、ブティックに見に行っても、もう店内はカラフルな薄手の春ものばかり。まだまだ寒さが続きますが、みなさまお風邪など召されませんように♪

******************************************

 1月の後半に、ヴァンドーム広場のディオールのジュエリーショップに、ファインジュエリーの新作を見に出かけた。ヴィクトワール ドゥ カステラーヌが創り出すハイジュエリーは、いつも既成のジュエリーの概念からはみ出た、大胆で感性豊かなデザインが魅力だ。

 そこで今回一番に目が行ったのは、ディオール ファイン ジュエリー初の写真集だ。本のカバー自体もおしゃれで、それを飾っておくだけでも宝石のような輝きを放つ。ヴィクトワールがインスピレーションを受けるのは、花などの自然のモチーフやポップカルチャーなどで、遊び心がいっぱい。写真集はジュエリー史研究家のミシェル ユーゼによる詳しい解説つきで、ディオールのファインジュエリーの芸術的な世界に浸ることができる。

 ダミアン・ハーストなどのアート作品が掛けられた店内には、魅惑的なジュエリーや新作の腕時計なども展示。ムッシュ・ディオールがこよなく愛した薔薇の花のモチーフを、ピンククオーツとブルーカルセドニーに彫ったリングやペンダントも可憐で、思わず欲しくなってしまった。

f0166173_1628550.jpg
f0166173_1633775.jpg
f0166173_8442751.jpg



人気ブログランキングへ

ランキングへ応援クリックお願いしま〜す。
# by madamemariko | 2012-02-14 16:39 | ファッション